連載

鎌田 實「がんばらない&あきらめない」対談

人のために何かすることが私の生きがいであり、エネルギーのもとです 元ミス日本のプロダンサー・吉野ゆりえ × 鎌田 實

2011年4月

6年間に7回の手術を乗り越え、ブラインドダンスと肉腫の啓発・診療改善に取り組む 身長170センチ、元ミス日本のプロダンサー、吉野ゆりえさん。6年前に後腹膜平滑筋肉腫という希少がんを告知され、これまで7回の手術を受けた。普通なら、がんとの過酷な闘いに意気消沈するところだが、とにかく明るい。ボランティアで視覚障がい者にブラインドダンスを教える一方、肉腫の啓発活動、肉腫診療の改善に邁進している。鎌田實さ...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 独立行政法人国立病院機構広島西医療センター病院長・田中丈夫さん VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2011年3月

がん患者さんの家族をつなぐ「サポートブック」の静かな広がり自ら書き込むことによって家族の絆を深める絵本を作りませんかたなか たけお 1947年、鳥取市生まれ。広島大学医学部卒業。東洋工業付属病院(現マツダ病院)で小児科医としてスタート後、広島大学病院で臨床と研究に従事。1982年、アメリカのUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)血液腫瘍部門の研究室に留学。1987年、国立呉病院(現国立病院機...

詳細はこちら

がんの治療中はセックスをしてはいけないんですか? ノンフィクションライター・長谷川まり子 × 鎌田 實

2011年2月

気鋭の女性ノンフィクションライターがパートナーの闘病中に直面した切実な問題 いま書店の店頭に『がん患者のセックス』という本が並んでいる。ノンフィクションライターの長谷川まり子さんが、ステージ3の悪性リンパ腫で入院したパートナーのがん治療に付き合った体験を通して、がんとセックスという微妙な問題に真正面から迫った注目の書である。タイトルはいささか固いが、自らの体験も赤裸々に綴っているだけに、がん患者さ...

詳細はこちら

がんをきっかけに「いのちの連鎖」を見つめ直しました 毎日新聞主筆・岸井成格 × 鎌田 實

2011年1月

大腸がんを患った毎日新聞主筆がいまジャーナリストとして感じている使命感 毎週日曜日の朝8時、TBS系列で放映される「サンデーモーニング」のレギュラーコメンテーターの岸井成格さんは、毎日新聞の政治部長、論説委員長などを経て、2010年6月に主筆に就任した、日本を代表するジャーナリストだが、3年前に大腸がんの手術をしたことは、あまり知られていない。若い頃から水俣病、サリドマイド、ハンセン病などの取材を...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 文筆業・加納明弘さん VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2010年12月

元東大全共闘の闘士が肺がんに罹って覚悟したことがんをきっかけに、もう1度、父子の絆を結びなおしたかのう あきひろ 1946年岐阜県生まれ。1965年、東京大学教養学部文科3類入学後、学生運動に没頭し、東大全共闘の活動家となる。安田講堂陥落後の1969年6月に同大学中退。その後、週刊誌記者などを経て文筆業に従事し今日に至る。2008年、肺がんに罹患し8月に手術。右肺上葉部を切除。がんは直径6.8セン...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 テラ株式会社 代表取締役社長・矢﨑雄一郎さん VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2010年11月

最新のがん治療法「樹状細胞ワクチン療法」で起業した元外科医のチャレンジ精神樹状細胞ワクチン療法はがんを狙い定めて攻撃します やざき ゆういちろう 1996年4月、東海大学付属病院勤務。2000年、創薬系バイオベンチャー企業に入社。2003年、東京大学医科学研究所細胞プロセッシング寄付研究部門研究員。2004年6月、樹状細胞ワクチン療法を全国展開するテラ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。20...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 福祉美容師・篠田久男さん VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2010年10月

悪性リンパ腫と闘いながら人のためにいのちを懸ける福祉美容師の情熱その人にとっていちばん美しい髪型にすれば誰でも明るくなりますしのだ ひさお 1955年、神奈川県生まれ。中学を卒業後、靴店に就職。その後、美容師の資格を取り、3つの店を持つカリスマ美容師となる。1992年、介護訪問美容師としての活動に対し、社会福祉法人全国心身障害児福祉財団より感謝状を授与される。2008年、静脈瘤の手術後、悪性リンパ...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 STAND UP!!代表/浜松医科大学医学部6年生・松井基浩さん STAND UP!!副代表/日本テレビ報道局社会部記者・鈴木美穂さん VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2010年9月

『STAND UP!!』を立ち上げた若きがん患者の志とエネルギー全国の若年性がん患者さんを支える土台になりたいまつい もとひろ 1986年大阪府生まれ。2001年神奈川県桐蔭学園高校1年10月、悪性リンパ腫を発症、国立がん研究センター中央病院に入院。約8カ月間の治療後、高校2年5月復学。高校3年12月まで抗がん剤治療と外来治療で通院。2005年浜松医科大学医学部入学。現在同6年生 すずき みほ 1...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 後藤学園付属リンパ浮腫研究所所長・佐藤佳代子さん VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2010年8月

言葉がなくても、手を通してコミュニケーションができるリンパドレナージによって、患者さんの生きる力を引き出すさとう かよこ 神奈川衛生学園専門学校卒業。鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師。ドイツ徒手リンパドレナージ協会公認フェルディ・クリニック認定セラピスト。2000年4月、フェルディ専門学校で、セラピスト養成のための教員免許も習得。現在、後藤学園付属リンパ浮腫研究所所長として、リンパ浮腫療法を行ってい...

詳細はこちら

飄々とした生き方こそがんとの付き合い方の見本 俳優・藤村俊二 × 鎌田 實

2010年7月

「がんばらない」から「がんばる」生き方への「オヒョイ」流転換 早稲田大学演劇科を中退したあと、パントマイム、振り付け、俳優、声優、タレントなどの分野で、飄々とした存在感を発揮してきた藤村俊二さんは、50歳を過ぎてから「病気の宝庫」を自認するほど、大病を繰り返してきた。56歳のときには胃がんの手術で、胃の3分の2を切除している。しかし、「オヒョイ」の愛称どおり、飄々たる生きざまは変えなかった。&nb...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!