がん相談

皮膚がん

基底細胞がんを切除。再発した場合、手術以外の治療法は?

2007年8月

最近、鼻の周辺にできた基底細胞がんの外科手術を受けました。腫瘍の大きさは1センチほどで、腫瘍とそのまわり3ミリほどを切除しました。そして、手術で切除したところは、近くの皮膚で覆うという形成外科的な処置もしていただきました。この手術については、満足しています。ただ、担当医から「再発した場合には、再度、手術で切除します」との説明を受けています。顔を傷つけることにもなるので、できれば手術は避けたいと思い...

詳細はこちら

進行メラノーマに新しい治療法はあるか?

2007年8月

68歳の父のことでご相談です。足の裏に、黒いほくろが見つかりました。ある病院の皮膚科で、進行期のメラノーマと言われました。肝臓に数個の転移があるとのことです。手術はかなり難しいとの説明を受けています。化学療法や放射線治療など、新しい治療法はないのでしょうか。(福島県 女性 38歳)A 樹状細胞などを用いた免疫療法が注目メラノーマの内臓転移で、頻度が1番高いのは肺への転移です。その次が肝臓への転移で...

詳細はこちら

ほくろが気になる。顔にメスを入れるのに抵抗感

2007年8月

左眼の下のところに、黒いほくろがあります。年齢のせいかと思って、そのままにしておきました。大きさは直径2ミリほどです。しかし、なんとなく気になりだして、近くにできた皮膚科医院で診てもらいました。医院では「メラノーマの疑いもあります。たぶん、早期だと思います。手術で切除すれば治ります」と言われました。検査もしないで、診るだけで診断はつくのでしょうか。また、顔にメスを入れることに抵抗を感じています。治...

詳細はこちら

日光角化症はがん?治療法は?

2005年9月

67歳の母のことで相談します。左頬にできたかさぶたのようなできものがなかなか治らず、病院で検査を受けたところ、日光角化症と診断されました。いろいろと調べてみると、がんと書いているものとそうでないものがあるのですが、これはどういった病気なのでしょうか。切除が治療の基本とも書いてありましたが、顔にできたものなので、傷跡や後遺症が残らないか心配です。ほかに治療法はありませんか。(京都府 女性 42歳)A...

詳細はこちら

鼻の下の悪性黒色腫。抗がん剤治療を勧められたが…

2005年9月

70歳の父が悪性黒色腫(メラノーマ)と診断されました。場所は鼻の下辺りです。その後、首のリンパ節への転移が判明し、手術は難しいとのことで、抗がん剤治療を行っていくと言われました。抗がん剤だけの治療で、どの程度効果が期待できるのでしょうか。また、放射線治療や免疫治療はできませんか。(埼玉県 男性 44歳)A 放射線や免疫療法などを組み合わせた集学的治療を進行期の悪性黒色腫に対して最もよく使われる抗が...

詳細はこちら

有棘細胞がんの3期で、手首の切断以外の治療法は?

2005年9月

3カ月ほど前、有棘細胞がんと診断されました。場所は手のひらで、リンパ節転移はありませんでしたが、ステージは3期と言われました。化学療法でがんを小さくしてから手術で切除することになりましたが、十分には小さくすることができず、手首付近から先を切断する手術を行うと言われています。医師からは、手術の難しさや、取り残しのことなどを考えると、これが最も良い方法だと言われましたが、手首を残すことはできませんか。...

詳細はこちら

目や鼻の回りのほくろ、皮膚がんが心配

2005年4月

最近、目や鼻の回りにほくろが増えてきました。以前は2つか3つだったのですが、今は8つほどあります。1つひとつは小さく、見た目は普通のほくろです。ただ、年を取ってからできたほくろは皮膚がんの可能性もあると、テレビで見たことがあり、心配です。(長野県 女性 53歳)A 短期間に色、形、大きさが変化したら注意が必要確かに成人してからできたほくろは、それが短期間に変化したものでしたら、悪性黒色腫や基底細胞...

詳細はこちら

肛門付近の有棘細胞がん。手術は避けたいが…

2005年4月

肛門の近くに有棘細胞がんが認められ、病巣を切除しましたが、その後の検査でリンパ節転移もあることが判明しました。今後の治療としては、「病巣の周りをさらに大きく切除して、リンパ節郭清もする手術」「リンパ節郭清だけをする手術」「手術はしないで、放射線と抗がん剤で治療する方法」の3つがあると言われました。できれば放射線+抗がん剤の治療を選びたいのですが、手術に比べると、効果が心配です。仮に手術を受けること...

詳細はこちら

1期の悪性黒色腫。手術後のインターフェロン療法はやめてもよいか

2005年4月

足の裏のほくろが気になり、皮膚科を受診したところ、がんの疑いがあると言われました。ほくろを切除して調べてもらったら、1期の悪性黒色腫(メラノーマ)と診断され、広い範囲を切除する手術を受けました。手術後は再発予防のためにインターフェロンを使っています。検査の結果、転移など異常は見られないが、念のためにインターフェロンは続けると言われました。しかし副作用がつらく、治療費が高いので、やめようかと悩んでい...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!