闘病記

がんになった著名人

書くことで病気との距離感がつかめるようになった気がします 女優・洞口依子さんが語る、子宮頸がんと共存するまでの長い長い道のり

2007年12月

どうぐち よりこ65年、東京生まれ。高校生で「週刊朝日」の表紙に。19歳で映画デビュー。伊丹十三、黒沢清監督の映画や、テレビでは久世光彦作品他に出演。著書に『子宮会議』(小学館刊) 子宮頸がんは女性にとって精神的にも肉体的にも辛いがんだ。早期に発見されない限り、子宮とその周辺部を広範囲に摘出するため、子供を生めない体になるだけでなく、ホルモンの分泌が止まって様々な後遺症に襲われる。洞口さんも「精...

詳細はこちら

主婦エッセイスト、ほししま ゆあさん 30歳で両卵巣・子宮を失った未婚の女性が理想の伴侶とめぐり合うまでのいばら道 「幸せな結婚」への執念を生きるエネルギー

2007年11月

ほししま ゆあ 1963年京都市生まれ。 大学卒業後、不動産会社、商社などで営業、営業事務に携わる。 1993年卵巣がん発見。 98年、結婚紹介所を通じて知り合った男性と結婚。 05年3月、ホームページを開設。 『一発逆転ホームラン 放つのはあなた!』(文芸社刊) ホームページ『ゆあの部屋』 卵巣がんが見つかったのは今から14年前、ほししまゆあさんが30歳のときだった。 平成5年4月、...

詳細はこちら

がんの知識を集めれば集めるほど、彼は「がん患者」に仕上がっていきました 作家/慶應義塾大学文学部教授・荻野アンナ × 鎌田 實

2007年11月

がんとは何かという問いの中で、揺れながらも向き合った2人の心の軌跡 このほど、芥川賞作家で慶應義塾大学文学部教授の荻野アンナさんは、食道がんで逝ったパートナーと自分ががんと向き合った1年2カ月の軌跡を1冊の小説にまとめ刊行した。タイトルは『蟹と彼と私』。今回はこの小説に描かれたがん闘病の日々と、小説が誕生するまでの道のりをアンナさんとともに辿る。 おぎの あんな作家。慶應義塾大学文学部教...

詳細はこちら

大腸がんを克服し見事に評論家生活に復帰した豊田泰光さんの闘病秘話 まさかの再手術。あのときは、生きて還れるような気がしなかった

2007年9月

豊田 泰光 とよだ やすみつ 昭和10年茨城県生まれ。 昭和27年水戸商遊撃手として甲子園出場。 昭和28年西鉄ライオンズ入団。新人王。 昭和31年リーグ優勝・日本1、首位打者、シリーズMVP。西鉄黄金時代の主力選手の1人。 昭和38年国鉄スワローズ(現ヤクルト)に移籍。 昭和47年現役引退。平均打率321厘。 近鉄コーチを経て評論活動へ。フジテレビ、文化放送、スポーツニッポンなどで野球解説。 2...

詳細はこちら

がん緩和ケアのコンセプトが未だに理解されていないのが問題です 特別対談・岸本葉子(エッセイスト) × 向山雄人(癌研有明病院緩和ケア科部長)

2007年7月

がん患者さんの「苦痛」は終末期に限ったものではない。身体的苦痛や心理・精神的苦痛に対する治療・ケアなどがん治療の早期から、並行して行われることが大切である。今回は、エッセイストの岸本葉子さんががん体験者の視点で癌研有明病院緩和ケア科部長・向山雄人さんに向き合う。 きしもと ようこ1961年神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学教養学部卒業後、旅や日常生活、読書をテーマにしたエッセイが、同世代の女...

詳細はこちら

フォトグラファー谷沢淳が語る 米国と日本をまたにかけた慢性骨髄性白血病との戦いの軌跡 再び南カリフォルニアの大波に乗る日を夢見て

2007年7月

谷沢 淳 やざわ じゅん 栃木県小山市生まれ。麗澤大学卒業。 2001年渡米。写真・サーフィン映像編集に携わる。 2005年5月、慢性骨髄性白血病移行期の診断。6月末、日本帰国。 2006年6月、造血幹細胞移植。 自然写真と詩を合わせた作品がライフワーク。 太腿の内出血 サーフィン関連の映像編集を手がける傍ら、ネイチャー・カメラマンとして多忙な日々を送っていた谷沢淳さんが、慢性骨髄性白血病を告...

詳細はこちら

がんに負けなかったケーシー・ランキンさんのがんとの向き合い方 2人のドクターを「応援団長」にし、末期の食道がんで3年生存

2007年6月

ケーシー・ランキン けーしー・らんきん 1946年、米国カンザス州生まれ。 トランペット奏者の父とピアニストの母のもとで7歳からピアノを習う。 10代で日本人の妻・ヒロコさんと結婚し、71年から日本に永住。以来、さまざまな音楽活動をし話題を呼ぶ。 79年、吉野藤丸さんとともに「SHOGUN」を結成。デビュー曲『男たちのメロディー』は50万枚を売る大ヒットを記録し、ゴールデンシングル大賞、ゴールデン...

詳細はこちら

がんは神様が与えてくれた「ショック療法」だった 女優・宮崎ますみさんが語る、乳がん克服へのいばら道

2007年5月

みやざき ますみ1968年生まれ。愛知県名古屋市出身。1984年クラリオンガールに選ばれ、翌年、映画「Be-Bop Highschool」に出演。舞台「坊ちゃん」「幕末太陽伝」「ラブレターズ」「大菩薩峠」「アン・インスペクター・コールズ」、TV「早春物語」「チョッちゃん」「武田信玄」など多数に出演。著書に『至福へのとびら』がある。現在は、女優、エッセイストなど幅広い分野で活躍中。 がんは人生のい...

詳細はこちら

元ウーマン・リブの闘士、吉武輝子さんのがんの封じ込め方を学ぶ 「病みながら生きる時代」を生き抜く発想力

2007年2月

吉武 輝子 よしたけ てるこ 1931年兵庫県芦屋市生まれ。 1954年慶応義塾大学文学部卒業。同年4月に東映宣伝部に入社。 1961年日本初の女性宣伝プロデューサーとなる。 東映を退社後、文筆生活に入る。 1968年婦人公論読者賞受賞。現在「吉屋信子記念館」運営副委員長を務める。 女性問題を中心に評論・文筆活動を続けており、「女人 吉屋信子」などの女性伝記や、生と死、老いについての評論など、著書...

詳細はこちら

女性誌の名編集者・西條英子さんが説く多重がんに打ち克つ生き方 次々にがんに襲われても、絶望するのは15分だけ!

2007年1月

西條 英子 にしじょう ひでこ 1937年、東京都生まれ。 1959年文化出版局に入社。 1964年結婚、1男1女の母。1989年退社。 1990年ステッチ設立 会社を興した矢先の告知 『ミセス』の仕事で。ファッションデザイナーの水野正夫、和子夫妻のガーデンパーティで。右が西條さん 西條英子さんは文化出版局で女性誌『ミセス』の副編集長、『ハイミセス』の編集長などを歴任後、同僚だった女性編...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!