検査・治療法

緩和ケア/疼痛ケア

すべては患者さんのために 精神(こころ)にも身体(からだ)にも優しい緩和ケア

2010年10月

藤田保健衛生大学医学部 外科・緩和ケア講座教授で 緩和ケアセンター長の 東口高志さん(*) がんと共に生きる体づくりをすれば、本来の寿命をまっとうすることができる――今、がんの臨床現場では、こうした認識が高まりつつある。がん患者さんにとって、がんと診断されたときから、がん治療に必要な栄養サポートや積極的な緩和ケアは、精神や身体を支えるのに欠かせない。栄養は口から食事として摂るのが基本。そして、...

詳細はこちら

オピオイドを適切に使うことで元気になり、意欲的に化学療法に取り組める 疼痛コントロールはがん治療の早い時期から始めるのが効果的

2010年5月

みやぎ県南中核病院副院長の 蒲生真紀夫さん 疼痛治療の必要性は徐々に認識されるようになってきたが、まだ十分とはいえない。痛みの状況に合わせ、早い段階からでもオピオイドを使うことが大切だ。適切な疼痛治療が、化学療法に好影響を及ぼすこともある。 オピオイドの消費量はアメリカの10分の1 がんの患者さんに対し、十分な疼痛治療が行われていないということが、ここ数年話題になってきた。それによって、状況...

詳細はこちら

渡辺亨チームが医療サポートする:緩和ケア編

2007年12月

サポート医師・橋爪 隆弘 市立秋田総合病院外科医長 はしづめ たかひろ 市立秋田総合病院外科医長。がん治療支援・緩和ケアチームリーダー。 1986年、秋田大学医学部卒業。同第1外科入局。 91年、秋田大学医学部大学院卒業。青森県立中央病院外科勤務。 95年、市立秋田総合病院外科勤務。 2002年、緩和ケアチーム発足に伴い、チームリーダーに。 日本緩和医療学会評議員、日本乳癌学会薬物療法ガイドラ...

詳細はこちら

もっと知って欲しい。痛みを取る治療はたくさんあることを 痛みは、我慢するのが美徳ではない。きちんと訴えていこう

2007年5月

かわごえ こう ホームケアクリニック川越院長。1947年山口県生まれ。東京大学医学部卒。茨城県立中央病院産婦人科医長、東京大学講師、白十字診療所在宅ホスピス部長を経て、1994年より6年間、賛育会病院長を務め退職。2000年6月、自らのクリニックを開業すると同時に、在宅ケア支援グループ・パリアンを設立。在宅ホスピス協会顧問。聖マリアンナ医科大学客員教授。帝京大学医学部非常勤講師。著書に『生と死のは...

詳細はこちら

がん治療医の痛み治療に関する知識不足、経験不足が患者を苦しめる 痛みに苦しむがん患者は、なぜこんなに多いのか

2007年5月

駿河台日本大学病院病院長の 小川節郎さん がんの痛みをなくす治療法は、きちんと確立したものがある。未承認抗がん剤のように、海外にあるわけではない。日本国内にあり、しかも日常の診療現場で使用されている。にもかかわらず、痛みに苦しんでいる患者さんがたくさんいるのは、なぜなのか。 どうして患者さんは痛みを取ってもらい、苦しみから解放してもらえないのだろうか。 痛みが激しく、治療どころじゃな...

詳細はこちら

聞いて欲しい! がん患者が訴える「私の痛み」

2007年5月

ケース1  池田篤子さん(61) 「冬は少々憂鬱な季節」と語る 池田篤子さん 痛む場所 右側肋骨 原因 骨転移 「寒くなると、肋骨がズキズキ痛み出します。『また、来たな』という感じです」 乳がん(腫瘍の大きさ3センチ未満) 1997年秋手術(乳房温存)、放射線治療を行う→98年脳、肺に転移。放射線治療、化学療法→99年再び脳に転移。開頭手術を行う 池田篤子さんにとって冬は少々憂鬱な...

詳細はこちら

誤解だらけのがんの痛み治療 「痛み治療」に対する正しい理解が治療効果、延命効果にも影響を及ぼす

2007年5月

星薬科大学薬品毒性学教室教授の鈴木 勉さん がんによる痛みは全患者の3分の1に発生し、半数は強い痛みを感ずる、という調査結果がある。この痛みを取り除く治療法は確立されており、WHO(世界保健機関)によって推奨されている。ところが日本においては、往々にしてその治療が十分になされていない。その背景には、痛み治療で使用される医療用麻薬に対する医師・患者双方の誤解、偏見、無理解がある。そのどこに間違いがあ...

詳細はこちら

鎮痛薬の特性、長所、短所、使い方 がんの「痛み治療」に用いられる鎮痛薬全書

2007年5月

埼玉医科大学客員教授の 武田文和さん がんの痛みに対しては、WHO(世界保健機関)方式の治療法が採用され、世界中で大きな成果を上げている。 治療の中心となるのは、モルヒネなどのオピオイド鎮痛薬を用いる薬物療法だ。 がん疼痛治療では、痛みが完全に消えることで、初めて患者の恐怖と不安が解消する。 疼痛治療に使われる鎮痛薬について解説しよう。 がんの痛みは消すことができる がんにな...

詳細はこちら

痛みの治療を上手に受けるために 痛みのない人生を送るにはどうしたらよいか

2007年5月

がん対策情報センター 情報・統計部 がん医療情報サービス室長の 的場元弘さん どうしたら、痛みのない人生を送ることができるのだろうか。 もちろん、十分な痛みの治療を受ける必要があるが、その前に患者さん自身ができることは何か。 日本では、昔から我慢することが美徳とされてきたこともあって、少々の痛みなら医師に訴えない患者さんが多い。 緩和医療の専門医、的場元弘さんは、まずは、そこから打破...

詳細はこちら

広島県緩和ケア支援センターデイホスピス 症状や不安をとり、人との交流を楽しむ国内第1号のデイホスピス

2007年4月

「日帰り緩和ケア」と「ホスピスケア」のエッセンスを融合し、患者の在宅生活をサポート 「緩和ケア支援センター」の中はリラックスできる空間が広がっている 「緩和ケア」という言葉に抵抗のない人はいないといっても過言ではない。 「緩和ケア病棟」と聞くとなおさらだろう。がんになった時点で精神的痛みや社会的痛みなど、なんらかの痛みを患者は抱えるとされ、早い段階から専門家による「全人的な緩和ケア」の必要性...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!