各種がん

前立腺がん

どれがよいか、前立腺がんの治療法

2013年2月

患者さんの立場に立って考えてくれる北大教授の篠原信雄さん多岐にわたる前立腺がんの治療法。大きく分けても、手術、放射線、ホルモン療法、化学療法とあり、おまけにあまり聞き慣れないPSA監視療法というのまである。その中からどれを選んだらよいのか。効果とQOLの2つの観点から選び方を教えていただく。どの治療が優れているか単純に優劣はつかない■図1 多岐にわたる前立腺がんの治療法前立腺がんの治療法は多岐にわ...

詳細はこちら

前立腺がんの排尿障害にどう対処する?

2013年2月

「排尿障害は、原因や症状に応じた対策を講じることが大切です」と話す篠原充さん前立腺がんの影響や治療によって起こりやすい排尿障害。尿に関するトラブルは毎日のことだけに、悩んでいる患者さんにとっては深刻な問題だ。排尿障害が起こった場合、どのように対処すればいいのだろうか。原因や症状に応じた対策を紹介する。重症例はごく稀だが医療技術などの進歩により、前立腺がんに関する排尿障害は一昔前に比べると少なくなり...

詳細はこちら

これだけは知っておきたい! 前立腺がんの基礎知識

2013年2月

 「前立腺がんではPSA値を判断することが大切です」と話す赤倉功一郎さん高齢化社会とともに前立腺がんが急増している。2012年の予測では、2020年ごろには、胃がんを抜いて、男性がん罹患者数のトップになるとされている。ここでは前立腺がんの基礎知識について、わかりやすく解説する。Q1 前立腺はどんな器官?前立腺は男性生殖器の一部で、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むような形で存在します。クルミほどの大...

詳細はこちら

「前立腺癌診療ガイドライン」をわかりやすく解説する

2013年2月

「2~3年後には、前立腺がんの治療は大きく変わるでしょう」と語る荒井陽一さん2012年、前立腺の診療ガイドラインが6年ぶりに改訂された。新たなデータや治療法が導入され、前立腺がんの治療は考え方も含めて大きく変化している。ここでは、ガイドラインに沿った治療法をわかりやすく解説する。高齢化が進み増加した前立腺がん高齢化社会を迎えると同時に、増加しているのが前立腺がん。診療ガイドラインの作成に携わった東...

詳細はこちら

効かなくなっても、あきらめない。前立腺がんの最新ホルモン療法

2013年2月

前立腺がんは新しい薬剤が次々と開発されていますと話す市川さん前立腺はホルモンと関係が深いだけに、ホルモン療法は、転移のある場合や、高齢で手術ができないという患者さんに対しても有効な治療法。昨年には新たなホルモン薬も登場しており、患者さんにとっては大きな武器が1つ増えたことになりました。男性ホルモンでがんが増殖男性ホルモン(アンドロゲン)によって増殖する前立腺がんには、男性ホルモンを遮断するホルモン...

詳細はこちら

骨転移には早期発見・早期治療が大切 骨の健康を保ちながらがん治療を!前立腺がんの骨転移治療

2013年2月

骨転移の予防、コントロールが 患者さんのQOL維持に大切と話す 佐藤威文さん がんの進行とともに起こる骨転移。とくに、前立腺がんは骨転移しやすいのが特徴です。 骨転移による痛みや骨折は、患者さんの生活の質を低下させるだけでなく、余命にも影響を及ぼします。 この骨転移について今、"bone health"という新しいコンセプトに基づいた治療戦略が注目されています。 2025年...

詳細はこちら

オプション満載。さらに新薬も続々と登場予定 あの手この手でやっつけろ!ホルモン療法が効かなくなった前立腺がん

2012年9月

新薬の登場を期待しつつも、 今使える薬を大事に使っていく ことが大切と話す 中井康友さん ホルモン療法が効かなくなった前立腺がんでも、あきらめないで! 今はさまざまな治療法があるのだから──。 前立腺がんに有効なホルモン療法前立腺はアンドロゲン(男性ホルモン)の影響を受ける臓器で、前立腺のがん細胞もこのアンドロゲンによって増殖する。そこでアンドロゲンの分泌や働きをブロッ...

詳細はこちら

「スクリーニング」、「確定診断」、「病期診断」の3ステップで判断する 知っていますか? 前立腺がんの検査・診断

2012年9月

50歳を超えたら1度PSA検査を 受けることをお勧めしますと 中村昌史さん PSA検診によって早期の段階で発見される前立腺がんが増えているが、PSA値の多寡だけで「がん」と診断できるわけではない。 では、どんな検査が必要になってくるのだろうか。 初期には自覚症状がない前立腺は男性の膀胱の真下にあり、尿道を取り巻く栗の実大の器官で、精液の一部となる前立腺液を分泌している。前立腺に発生する前立腺が...

詳細はこちら

早めに治療すればQOLだけでなく、予後まで良くなる 前立腺がんの骨転移は「早期発見・早期治療」が肝心

2012年9月

「骨転移を早く見つけ、 早く治療すれば予後も 良くなりそうです」と話す 上村博司さん 前立腺がんは、骨転移を起こしやすい。骨転移が起こると、痛みが出るのをはじめ、骨折や麻痺などまで起こり、QOL(生活の質)が著しく下がる。一体、どうすればいいのだろうか。 前立腺がんにとって骨転移は大きな問題前立腺がんの患者さんには、骨への転移が起きやすいことが知られている。横浜市立大学大学院医学研究科泌尿器病...

詳細はこちら

前立腺がんに多い骨転移。新薬登場にも期待 骨転移を遅らせる治療にはがんの進行を抑える効果も!

2012年5月

「前立腺がんと骨関連事象は 密接に関わっています」と話す 桶川隆嗣さん 骨転移を起こしやすい前立腺がん。治療法の1つとして、骨の痛みや骨折などといった骨関連事象を管理することが、がんの働きを抑えるために有効だという。 ここでは、前立腺がんの骨転移治療の最新トピックを紹介しよう。 骨が壊れて出てくる物質ががん細胞を活発にする [図1 骨転移の頻度と予後] がん種 進行がんでの頻度(%) 生存...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!