連載

「がんばらない」の医師 鎌田 實

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 朝日新聞記者 上野創 VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2006年4月

死を前に、謙虚な気持ちになる。それが、私のがん体験の原点うえの はじめ 1971年東京生まれ。94年早稲田大学政経学部卒業後、朝日新聞社に入社。長野支局を振り出しに、事件記者。横浜支局に在籍中に、精巣がん(睾丸腫瘍)発覚。手術を受けたものの、すでに肺転移。同僚だった恋人にプロポーズされ、病床から婚姻届。2度の再発、3度の肺手術。その率直で真摯に綴られた闘病記は、朝日新聞神奈川版に連載時より大反響を...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 「イデアフォー」世話人 中澤幾子 / 「とまり木」代表 北澤幸雄 VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2006年3月

がん患者が困難に遭遇したとき、患者会は何を、どう手助けしてくれるか イデアフォー 乳がん体験から医療を考える市民団体。1989年設立。乳がんの体験を通して、患者・家族・医療従事者・社会という4者のために、患者の権利を確立した、よりよい医療実現を目指して、活動している。独自の病院アンケートによる医療情報の公開をはじめ、講演会、患者向けの電話相談、参加者によるフリートークの「おしゃべりサロン」など、活...

詳細はこちら

悪ガキは、排除するのではなく、眼差しを向けてあげると変わる 作家/僧侶・玄侑宗久 × 鎌田 實

2006年2月

がんという病気は、医療だけで治すのはなかなか難しい面がある。そこで、今回は現役の禅宗の僧侶であり、芥川賞作家である玄侑宗久さんをお招きして、鎌田さんと語り合っていただいた。玄侑さんは、禅宗の修行を積まれ、その方面の知識が豊富なばかりでなく、大脳生理学や量子物理学などにも精通し、人間の生き方の根本について、深い洞察力と胆識を持っておられる。わかりやすく、示唆に富んだ彼の語りをどうぞ。  げ...

詳細はこちら

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 銀座東京クリニック院長 福田一典 VS 「がんばらない」の医師 鎌田實

2006年1月

西洋・東洋医学兼備の医師から抗がんサプリメントの正しい選び方を教わるふくだ かずのり 昭和28年福岡県生まれ。昭和53年熊本大学医学部卒業。昭和63年~平成3年米国 バーモント大学生化学教室に留学。がんの分子生物学的研究を行う。平成4年から株式会社ツムラ中央研究所部長。漢方薬理の研究。平成7年から 国立がん研究センター研究所がん予防研究部第1次予防研究室室長。漢方薬を用いたがん予防の研究。平成10...

詳細はこちら

「がんばらない」の医師 鎌田實とがん患者のこころの往復書簡 金子淑江さん編 第4回

2005年11月

最期まで自分らしく生き抜いた卵巣がん患者 金子淑江さんがん患者・金子淑江さんから 医療者・鎌田實さんへの書簡鎌田先生。先生、いつも私を勇気づけて下さってありがとうございます。先生のお返事とともに、素敵な風景に、そしてもちろん先生のお姿にも癒されています。こういったら失礼になるでしょうか。先生のお顔は、いつも温かく穏やかで、凛として涼しげなイメージのスーツとのコントラストに、何かしらさわやかさを感じ...

詳細はこちら

「がんばらない」の医師 鎌田實とがん患者のこころの往復書簡 金子淑江さん編 第3回

2005年10月

小さなトラブルを1つずつ克服しながら、毎日をできるだけ楽しく過ごしていこうと思います。 かねこ よしえ 広島県在住。48歳。2女の母。2001年に卵巣がんの診断を受け手術。術後化学療法後の02年再発。再手術を受け術後化学療法を受ける。04年肝転移の診断を受け、治療を続けている がん患者・金子淑江さんから 医療者・鎌田實さんへの書簡先生お手紙ありがとうございました。...

詳細はこちら

「がんばらない」の医師 鎌田實とがん患者のこころの往復書簡 金子淑江さん編 第2回

2005年9月

ここで死ぬ訳にはいかない。娘の成長をまだまだ見守っていきたいのです。 かねこ よしえ 広島県在住。48歳。2女の母。2001年に卵巣がんの診断を受け手術。術後化学療法後の02年再発。再手術を受け術後化学療法を受ける。04年肝転移の診断を受け、現在も抗がん剤にて治療を受けている がん患者・金子淑江さんから 医療者・鎌田實さんへの書簡先生、鎌田先生。 私に少しでも有利...

詳細はこちら

「がんばらない」の医師 鎌田實とがん患者のこころの往復書簡 金子淑江さん編 第1回

2005年8月

私に奇跡は起こせないのでしょうか。またひとつプロセスが、前進したようです。 [金子さんの治療経過] 2001年 7月 卵巣がんと診断される。手術を受け、術後にタキソールとカルボプラチンにて抗がん剤治療。セカンドルックオペレーションにてリンパ節郭清 2002年 3月 退院 7月 腫瘍マーカー上昇 9月 呉のがん専門病院へセカンドオピニオンを求めたのち、転院。再発が判明。再手術を受け、術後に...

詳細はこちら

「がんばらない」の医師 鎌田實とがん患者の心の往復書簡 松村尚美さん編 鎌田實から松村尚美さんへの最後の書簡

2005年6月

尚美さん さようなら ありがとう かまた みのる 東京医科歯科大学医学部卒業。長野県茅野市の諏訪中央病院院長を経て、管理者に。がん末期患者、お年寄りへの24時間体制の訪問看護など、地域に密着した医療に取り組んできた。著書『がんばらない』『あきらめない』(ともに集英社刊)がベストセラー。最近発売された『病院なんか嫌いだー良医にめぐりあうための10箇条』(集英社新書)『生き方のコツ 死に方の選択』(...

詳細はこちら

スペシャル対談 「がんばらない」の医師 鎌田實 VS 「こころと体の」遺伝子学者 村上和雄

2005年5月

ポジティブな考え方が遺伝子を動かす人間として生き、存在していることは遺伝子の奇跡かまた みのる 東京医科歯科大学医学部卒業。 長野県茅野市の諏訪中央病院院長を経て、管理者に。がん末期患者、お年寄りへの24時間体制の訪問看護など、地域に密着した医療に取り組んできた。著書『がんばらない』『あきらめない』(ともに集英社刊)がベストセラー。最近発売された『病院なんか嫌いだー良医にめぐりあうための10箇条』...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!