がん相談

胃がん

がんの大きさが2㎝以上。内視鏡治療は可能か

2015年6月

検診で早期の胃がんが判明しました。がんは粘膜内に留まっていて、大きさは3.5㎝ほど。タイプは分化型で潰瘍の跡はありません。できれば内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を受けたいと思っています。その場合、適応はがんの大きさが2㎝以下となっていますが、調べてみると施設によっては、2㎝以上でもこの治療法を行っているようです。私の場合は内視鏡治療の適応になりますか。また治療後、再手術になるケースもあるのでしょ...

詳細はこちら

術後の食事量が増えない。腹式呼吸は有効か

2015年6月

早期の胃がんで胃の3分の2を切除する手術を受けました。術後は食事を数回に分け、少しずつ食べるようにしていますが、食事量はなかなか増えません。同じ病院で胃がんの手術を受けた方から「腹式呼吸をすると食欲が出るので試してみては」と言われました。腹式呼吸は術後の回復に効果がありますか。その方はカラオケもお勧めと言っていました。ほかに食欲が進む方法がありましたら教えてください。(63歳 女性 千葉県)A 腸...

詳細はこちら

腹腔鏡下手術は可能?胃がんの遺伝性は

2015年1月

検診で胃がんが見つかりました。がんの大きさは約2㎝。「リンパ節転移はなさそうだが、粘膜下層に達しているので、開腹手術をしたほうがよい」と主治医に言われました。なるべく負担のない手術をしたいと思い、インターネットで調べたところ、腹腔鏡下手術であれば傷が小さいと書いてありました。私の場合、この術式は適応にならないのでしょうか。また、私の母も40代で胃がんの手術を受けています。乳がんなどで遺伝性のがんが...

詳細はこちら

高齢の母。副作用が少なく、効果が期待できる抗がん薬は

2015年1月

75歳になる母のことで相談します。主治医から「進行した胃がんで腹膜播種があり、厳しい状態」と言われました。*TS-1と*シスプラチンの併用療法を勧められましたが、シスプラチンは副作用が強く出ることがあると聞き、母の年齢や体力を考えると心配です。ほかに効果が期待できる抗がん薬はありますか。母は治療に積極的ではありません。抗がん薬治療は行わないことを選択すると、余命はどのくらいなのでしょうか。(45歳...

詳細はこちら

術後3カ月から腹痛や吐き気、嘔吐でつらい

2015年1月

ステージ1aの早期の胃がんで、胃の2/3を切除する手術をしました。術後10日間で体重が3kg落ちましたが、早食いをせず、数回に分けて少しずつ食事をしていたせいか、とくに問題はありませんでした。ところが3カ月過ぎたころから、めまい、吐き気、腹痛などの症状が現れました。大人の半分量を食べただけで胃がモヤモヤして吐いてしまい、食べることにストレスを感じています。何か対処法はあるでしょうか。(31歳 女性...

詳細はこちら

胃がんの肝転移。抗がん薬以外の治療法は?

2014年9月

2年前に胃がんの手術をしました。筋層に至る腫瘍でした。胃に再発はみられないものの、最近肝臓に転移が見つかりました。このような場合、外科手術は行なわず、化学療法で治療するとのことです。ほかに治療方法はないのでしょうか。(49歳 女性 大分県)A 抗がん薬は、できれば手術などでがんを減らしてから関東中央病院消化器内科部長の小池幸宏さん胃がんに関しては、たとえ1つの肝転移でも転移があった時点で手術をせず...

詳細はこちら

幽門側胃切除術後に逆流性食道炎を併発、対処法は?

2014年2月

父(71歳)が半年前に胃がんと診断され、幽門側胃切除術を受けました。しかし、術後化学療法(*TS-1)の3クール目で逆流性食道炎を併発しました。水や食事も摂れず苦しそうです。対処法はあるのでしょうか?(39歳 女性 鳥取県)A 症状に応じ、経口薬の服用などをがん研有明病院副院長・消化器センター部長の山口俊晴さん■幽門側胃切除術胃には、その入口といえる「噴門」と十二指腸側にある出口の「幽門」がありま...

詳細はこちら

切除不能進行・再発胃がんに対する療法について

2014年2月

肺に転移した胃がん(Ⅳ期)の父(76歳)についての相談です。担当医からは、手術は難しいためTS-1と*シスプラチンによる化学療法をと言われました。インターネットで調べたところ、同療法には「高齢者には注意が必要」とあり、シスプラチンの代わりに*エルプラットも有効だとありましたが、父には使えるのでしょうか?(41歳 男性 埼玉県)A シスプラチン投与前の腎機能評価が重要がん研有明病院副院長・消化器セン...

詳細はこちら

HER2陽性進行胃がんの治療について

2014年2月

父(77歳)についての質問です。すでに肝臓に転移もしている胃がんで、手術はできないと言われました。しかし、内視鏡検査の結果、*HER2陽性のため*ハーセプチンの化学療法を勧められました。ただ、父の体力や副作用も心配です。どうしたらよいのでしょうか?(45歳 男性 東京都)A 副作用対策とQOLを保つ治療をがん研有明病院副院長・消化器センター部長の山口俊晴さん肝臓や肺、骨髄などに転移した胃がんの治療...

詳細はこちら

イリノテカン以降の治療法は?

2012年9月

昨年の12月に検査で病期が3b期の胃がんが見つかりました。術前化学療法として、シスプラチン*+タキソテール*+TS-1*を3クール行った後、手術で胃・脾臓を全摘、膵臓を半分摘出、そして肝臓を2cm、腹膜(壁)を一部切除しました。また、リンパ節転移もあったため、リンパ節郭清も行いましたが、最近は、抗がん剤の効きが悪くなり、がんの増殖がみられるとのことです。今後、イリノテカン*での治療を考えていますが...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!