がん相談

胃がん

胃潰瘍から胃がんになるのか?

2011年3月

2010年管理職に就き、重責と仕事量の増加のためか、ストレスに悩むようになりました。最近、食後にみぞおちが痛くなる状態が続いたため、胃カメラで検査したところ、胃潰瘍がいくつかできていました。現在は薬を飲んでいます。胃潰瘍が胃がんに変わると昔聞いたことがありますが、本当でしょうか。本当だとしたら、胃がんにならないようにする予防法があれば、教えてください。 (45歳 男性 長野県) A 胃潰瘍が胃がん...

詳細はこちら

術後、開いた吻合部に対する治療法は?

2011年3月

先月、地方に住む65歳の父が胃がんの全摘手術を受けました。術後、発熱が続き、絶食しました。CT*検査を受けたところ、食道と小腸の吻合部が開いてしまっていることがわかりました。その後も発熱が続き、解熱剤で対応しています。食事は絶食したままですが、今後どういう治療法が望ましいのでしょうか。いずれ食事はとれるようになるのでしょうか。(東京都 女性 30歳)A もれ出る消化液などを外に出しつつ、傷が治るの...

詳細はこちら

早期胃がん治療後の、ピロリ菌除菌は有効か

2010年10月

早期胃がんで、胃の中に内視鏡を入れ、内側からがんを切除する内視鏡治療を受けました。手術は成功し、経過も順調です。胃がんは、ピロリ菌が原因で起きると聞きました。私のように、早期胃がんを治療したあとでも、ピロリ菌の除菌治療をしたほうがよいのでしょうか。(島根県 男性 63歳)A 有効。保険も適用なのでおすすめヘリコバクター・ピロリという細菌、いわゆるピロリ菌に感染すると胃が炎症を起こします。このような...

詳細はこちら

腹膜播種を起こした胃がん。よい治療法は?

2010年10月

70歳の父のことでご相談します。最近、父が病院で検査を受けたところ、腹膜播種を起こした胃がんと言われました。今の状態では、手術を受けることは難しいとのことです。ただ、インターネットなどで調べてみると、このようなケースでは、化学療法を行ってから、手術をする方法などもあるようです。腹膜播種を起こした胃がんに対して、何かよい治療法はないでしょうか。ご意見をお聞かせください。(宮城県 女性 39歳)A 腹...

詳細はこちら

術後にTS-1を服用。副作用を抑える方法は?

2010年7月

胃の入り口の噴門部に近いところに、4センチほどのがんが見つかりました。手術を受けるように勧められ、胃を全摘切除しました。周辺リンパ節と胆嚢も併せて切除しました。ステージ(病期)は3Aとのことで、術後に再発予防のための補助化学療法として、TS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)という薬を使い始めました。しかし、薬の副作用のためか、食欲がなくなり、下痢を繰り返すようになりました。こ...

詳細はこちら

手術後、腹痛や下痢に。改善法はないか

2010年7月

半年ほど前、胃の上部の噴門部に胃がんが見つかりました。噴門部寄りの胃の切除手術を受けました。手術後、腹痛と下痢が起こるようになりました。とくに食事をした後に腹痛や下痢、吐き気などがあります。食事はゆっくりと少しずつ、回数を多くとるなどの工夫をしていますが、症状はあまりよくなりません。これらの症状を改善する方法を教えてください。(島根県 男性 52歳)A 食事をゆっくりと少しずつとるのが大切症状を改...

詳細はこちら

再発でがん性腹膜炎に。化学療法以外の治療法は?

2010年7月

64歳の父のことでご相談です。1年ほど前、胃の内視鏡検査で胃の出口側の胃体下部に潰瘍性の病変が見つかり、胃がんと診断されました。手術で胃を3分の2切除しましたが、がんは胃の外側の膜まで達していて、リンパ節にも転移していたようです。最近、再発を告げられました。がん細胞がお腹の中で種を播くようにぱらぱらと広がり、がん性腹膜炎を起こしているとのことです。化学療法しかないようですが、ほかに有効な方法があっ...

詳細はこちら

1.5センチの印環細胞がん。内視鏡治療はできないか

2010年3月

人間ドックで胃の内視鏡検査を受けたところ、胃の上部に1.5センチほどのびらん性病変があると指摘されました。がんは粘膜にとどまっているそうです。その後、生検で印環細胞がんが見つかりました。血液やCT(コンピュータ断層撮影)などの検査の結果、転移は認められず、早期がんと診断されました。しかし、印環細胞がんは病変の広がりがわかりづらく、リンパ節転移の危険性も高いため、治療は胃の全摘か噴門側(胃の入口側)...

詳細はこちら

3.5センチの胃がん。83歳で手術は可能か

2010年3月

同居している祖母(83歳)のことでご相談します。祖母に胃がんが発見されました。がんの大きさは3.5センチで、がんは粘膜下層に少し入り込んでいます。本人は食欲もあり、けっこう元気で、「手術なら受けるよ」などと言っています。しかし、私をはじめ家族は、年齢のことなどを考え、薬など、もっと穏やかな治療法を希望しています。どのような治療法が望ましいでしょうか。(富山県 男性 32歳)A 元気で明確な意志があ...

詳細はこちら

TS-1で白血球が減少し、休薬。治療は続けるべきか

2010年3月

53歳の夫のことでご相談します。4期の胃がんで、肝臓にもがんが散らばっている状態で、手術はできないと言われています。TS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)を4週飲んで、2週休むスケジュールで服用していましたが、白血球数がかなり下がったため、休薬期間が延びています。このような状態でもTS-1を飲み続けたほうがよいのでしょうか。また、腫瘍マーカーが基準値よりも高く、不安です。(宮...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!