患者サポート

世界のがん専門医療機関トップ10に入れば、ドラッグ・ラグは解消する

2013年1月

日本の患者さんに、より早く新薬が届くようにと、国立がん研究センターは2011年、早期・探索臨床研究センター(NCC-EPOC エヌシーシー エポック)を立ちあげた。臨床試験のうち、一番最初に行う試験がフェーズ1試験で、これに力を注ごうというわけだ。フェーズ1はなぜ重要なのか。はたしてドラッグ・ラグは解消されるのか。早期・探索臨床研究センター副センター長の藤原康弘さんに話を伺った。国立がん研究センタ...

詳細はこちら

診療放射線技師:治療計画から機器の管理まで幅広く行う 患者さんの不安を取り除くことも大切

2012年9月

さとう ともはる 1959年生まれ。1981年都立診療放射線専門学校(現・首都大学東京)、1988年東京理科大学理学部を卒業。国立がん研究センター中央病院放射線治療部などを経て、2006年からがん研究会有明病院放射線治療部に勤務、現在に至る。2007年米国MDアンダーソンがんセンターに短期留学。放射線治療に関する研修会の企画運営などを通して、がん医療の均てん化の促進にも力を注いでいる 画像診断や放...

詳細はこちら

「プロジェクト未来」を機に、より患者の役に立つ活動へ 「リレー・フォー・ライフ」のこれまで、そしてこれから──

2012年9月

リレー・フォー・ライフには、各チームがそれぞれ参加。GISTと闘う仲間を応援する「GISTERS」も毎年参加している 「リレー・フォー・ライフ」で集められたお金は、これまでがん検診や相談センター、若手がん専門医への奨学金などに使われてきました。しかし、がん研究に助成する「プロジェクト未来」ができたことで、よりがん患者に役に立つ支援にまわることが期待されています。リレー・フォー・ライフの生い立ち...

詳細はこちら

「第2のグリベック」誕生へ──8月には助成研究が決定 リレー・フォー・ライフから、がん患者が求める新薬を!

2012年9月

こにし ひろし 公益財団法人日本対がん協会マネジャー(広報担当)。関西大学卒。産経新聞社を経て、朝日新聞社入社。広島、福井、大阪、福岡などで医療や原発などを中心に取材。東京本社科学部デスクなどを経て、2008年より現職 アグネス チャン 歌手・エッセイスト・教育学博士。香港生まれ。72年、「ひなげしの花」で日本デビュー。上智大学を経て、カナダのトロント大学を卒業。89年、米国スタンフォード...

詳細はこちら

義肢装具士:失った手足を取り戻し、日常生活を支援 早期訓練で、患者さんもより早く社会復帰へ

2012年8月

患者さんのことを考えてさまざまな工夫を凝らし、義肢製作を行っている石倉祐二さんいしくら ゆうじ 京都府出身。義肢装具士・1級義肢装具技能士。埼玉医科大学病院・埼玉医科大学総合医療センター・埼玉県立大学・東京医科歯科大学などと義足の研究開発を進め、最近は「高齢者義足のありかた研究会」に力を入れており、よりよい義足とはなにかと常に模索している がん治療のためとはいえ、足を失うショックは極めて大きい。そ...

詳細はこちら

理学療法士:訓練ではなく日常を楽にするがんの理学療法 患者さんの体と思いに寄り添う

2012年7月

日常生活を楽にするがんのリハビリを行っている高倉保幸さんたかくら やすゆき 国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院卒業後、癌研究会付属病院に勤務。その後、埼玉医科大学総合医療センターリハビリテーション科に従事し、2007年から現職に至る リハビリテーションといえば、機能訓練というイメージが強い。だが、埼玉医科大学保健医療学部理学療法学科教授の高倉保幸さんは、「がんのリハビリは訓練ではなく、楽...

詳細はこちら

臨床研究コーディネーター:薬の開発を患者さんの立場からサポート 医師、製薬会社、患者さんの橋渡しを担う

2012年6月

治験はいろいろな人の目が入って行われていることを知ってほしいと話す臨床研究コーディネーターの小林典子さんこばやし のりこ 大学病院にて看護師として勤務後、製薬企業の立場から治験に携わる。その後、国立がん研究センター中央病院にてミレニアムゲノムプロジェクトの臨床研究コーディネーターを経験し、現在の臨床試験支援室の臨床研究コーディネーターとなる。臨床試験に関わり10年目を迎える 新薬の開発に欠かせない...

詳細はこちら

音楽療法士:がん患者さんの心と体を癒やす音楽療法 身心の調子に合わせた選曲が大事

2012年5月

生演奏で、心と体のリラクゼーション効果を得ることを目標にしたいと話す長島律子さんながしま りつこ 日本音楽療法学会認定音楽療法士、日本芸術療法学会員。茨城県立医療大学付属病院、茨城県立こころの医療センターなどで、精神科領域の音楽療法を実践した後、2005年より千葉県がんセンターに勤務。終末期医療を中心に音楽療法を実践し、講演や後進の指導にも携わっている 陽気な歌を口ずさむと、気分が明るくなったり、...

詳細はこちら

管理栄養士:細やかな心配りで、がん患者の「食べる」を応援 患者の約7割は、その人に応じた個別対応

2012年4月

「栄養管理では栄養の改善だけではなく、気持ちに寄り添っていくことも大切」と話す落合由美さんおちあい ゆみ 1992年、大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業、同年より旧国立東京第2病院栄養士に。2004年旧国立がん研究センター中央病院栄養係長などを経て、2008年より現職 副作用や全身状態の低下で思うように食べられないがん患者は多い。これに対して、国立がん研究センター東病院では栄養サポート...

詳細はこちら

がん医療の総帥に聞く! 新しい薬・適応外の治療をもっと早く、患者さんのもとへ

2012年2月

堀田知光さん(ほった ともみつ)国立がん研究センター理事長・総長1944年生まれ。名古屋大学医学部卒業。1970年名古屋大学医学部第一内科入局。1996年東海大学医学部内科学教授を経て、2000年東海大学医学部付属病院副院長、2002年東海大学医学部長。東海大学総合医学研究所長(兼務)。2006年独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター院長。2012年4月独立行政法人国立がん研究センター理事長に...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!