がん相談

子宮頸がん

子宮頸がんの1b期と診断。治療後の排尿障害が心配

2005年6月

子宮頸がんの1b期と診断され、治療として「広汎子宮全摘出術*と骨盤リンパ節郭清をして、術後の病理診断でリンパ節転移があれば、放射線治療や化学療法を追加する。術後、排尿障害や足の浮腫がでることがある」と説明されました。実はすでに出産後から尿漏れがあり、治療後日常生活に支障をきたさないか心配です。患者仲間から「排尿障害が出ないように神経温存手術をする医師もいる」と聞きました。これはどんな手術ですか。(...

詳細はこちら

子宮頸がん2期との診断。放射線治療と手術の選択について

2005年6月

子宮頸がん2期との診断で、主治医からは「広汎子宮全摘出術、リンパ節は傍大動脈まで郭清する」と言われました。立ち仕事をしているので、リンパ浮腫などの後遺症が心配です。「放射線治療も手術と治療成績が同じ」と聞き、主治医に相談したところ、「下血や、腸に穴が開いたりと手術より怖い後遺症がありお勧めできない」と言われました。本当でしょうか。(愛知県 女性 49歳)A 1b期及び2a期の治療成績はほぼ同等子宮...

詳細はこちら

扁平上皮がん1b期の診断。手術ではなく放射線で治療を受けたいが

2005年4月

不正出血が続いていたので検査を受けたところ、子宮の入口付近にがんが見つかりました。担当医の話では扁平上皮がんで1b期だろうということです。広汎子宮全摘出術とリンパ郭清を勧められていますが、できれば手術は受けたくありません。子宮や卵巣を残すためにも、放射線で治療を受けることはできませんか? また可能な場合、放射線治療ではどのような副作用が考えられますか?(東京都 女性 36歳)A 手術が基本だが、放...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!