がん相談

子宮頸がん

子宮頸がんの腺がん。放射線療法や化学療法を選びたい

2008年12月

総合病院の検査で、子宮頸がんの2期と言われました。子宮頸がんの中の腺がんというタイプのようです。この腺がんとは、どのような特徴があるのでしょうか。また、手術は必ず受けなければなりませんか。放射線療法や化学療法はどの程度有効ですか。できれば、手術ではなく、放射線療法や化学療法を選びたいと思っています。子宮頸がんの腺がんの治療法について、アドバイスをしてください。(島根県 女性 54歳)A 腺がんは難...

詳細はこちら

子宮頸がんの3a期。化学放射線療法を選択してよいか

2008年8月

子宮頸がん(扁平上皮がん)の3a期と診断されました。今後、標準治療である化学放射線療法(抗がん剤治療+放射線治療)を行う予定と主治医に言われましたが、副作用や合併症が心配です。抗がん剤治療か放射線治療のどちらかだけでは効果はないのかと思っていたところ、少し前の『がんサポート』に「3a~4a期の子宮頸がんの標準治療は化学放射線療法だが、放射線治療単独より化学放射線療法が有効であるとする臨床試験は、す...

詳細はこちら

2期の子宮頸がんの治療法は?

2008年6月

県内にある総合病院の婦人科を受診したところ、子宮頸がん(扁平上皮がん)の2期と診断されました。治療法として、手術+放射線治療か、化学放射線療法(抗がん剤治療+放射線治療)を提案されました。婦人科疾患ではありませんが、30代前半のころ、手術を受けて、とても痛く、また怖い思いをしたことがあります。そうした経験もあり、手術に対しては、恐怖心を強く持っています。そのため後者、つまり化学放射線療法を選択する...

詳細はこちら

1b2期の子宮頸がん。手術と放射線治療のどちらがよいか

2008年2月

1b2期の子宮頸がんと診断されました。治療法はリンパ節郭清も行う外科手術(広汎子宮全摘出術)を勧められています。しかし、手術を受けると、リンパ浮腫や排尿障害などの副作用が起こる可能性があると、主治医から説明を受けました。心配になり、同じく子宮頸がんを経験したことのある知人に相談したところ、放射線治療が子宮頸がんにも効果があるという話を聞きました。さらには、放射線治療に抗がん剤治療を加えた化学放射線...

詳細はこちら

1a期の子宮頸がん。出産可能な治療法は?

2007年11月

先日受けた婦人科検診で、子宮頸部にがんが見つかりました。細胞診、コルポ診、組織診の3つの検査を受けると、1a期らしく、子宮を全摘するのが望ましいといわれました。まだ子供がいなく、夫と「早く子供が欲しいね」とよく話していた矢先のことで、なおさらショックを受けています。子宮を残して、妊娠・出産することはできないでしょうか。(山梨県 女性 30歳)A 浸潤が3ミリ超なら、広汎性子宮頸部摘出術も浸潤の深さ...

詳細はこちら

子宮頸がんの1A1期。手術か、それとも化学放射線療法か?

2007年7月

子宮頸がんの扁平上皮がんの1A1期と告げられました。担当医の説明では、手術と化学放射線療法のいずれかがあるとのことです。どちらにしたらよいのか、迷っています。現在、小さな会社で事務の仕事をしており、治療後も働き続けるつもりです。そのためにも、治療による後遺症はできるだけ軽くしたいと思っています。(滋賀県 女性 55歳)A 単純子宮全摘出術が推奨される一般的に、子宮頸がんの0~1A期までは手術が推奨...

詳細はこちら

子宮頸がんで放射線治療。経過観察中はどんな検査が望ましい?

2007年7月

2006年3月、子宮頸がんと診断されました。大きさは2~3センチです。同年5月に入院し、外照射と腔内照射の治療を受けました。化学療法はしませんでした。今後について、4つの質問です。1つ目は、がんの再発や転移を調べるのに、どういう検査があり、望ましいのでしょうか。2つ目はCTとPETは同時に受けられますか。被曝との関係が気になります。少しでも安全で望ましい検査方法を教えてください。3つ目は、再発や転...

詳細はこちら

HPV検査は+、細胞診はクラス2。子宮頸がんの心配はないか

2007年6月

先日、総合病院の婦人科で子宮がん検診を受けました。受けた検査は、HPV(ヒトパピローマウイルス)検査と細胞診です。結果は、HPV検査は+(プラス)、細胞診はクラス2でした。「1年後にもう1度検査を受けてください。今のところ、治療は必要ありません」と医師に言われましたが、HPVと子宮頸がんの関係について雑誌で読んだことがあり、特にHPV検査の+が気になっています。子宮頸がんの心配はないのでしょうか。...

詳細はこちら

子宮頸がんの1b1期。治療の選択に悩んでいる

2007年6月

子宮頸がんの1b1期と診断されました。がんの大きさは2センチです。主治医から、(1)広汎子宮全摘出術(リンパ節郭清)、(2)(1)+手術後の放射線治療、(3)放射線の腔内照射と外照射の併用の3つの治療法を提案されていますが、選択に悩んでいます。また、本当は出産を希望していますが、あきらめるしかないのでしょうか。(長野県 女性 27歳)A 一般的には、質問の治療は適応外一般的には、(1)の広汎子宮全...

詳細はこちら

上皮内がん。子宮温存を望んでいる

2007年3月

先日、子宮がん検診を受けたところ、クラス4と言われました。がんの可能性があるとのことで、後日大学病院で再検査を受けると、上皮内がんと診断されました。治療法は、円錐切除術か子宮摘出手術のどちらかになると言われています。年齢を考えても、今後、出産する意志はないのですが、できれば子宮は温存したいので、円錐切除術を希望しています、しかし、主治医からは、子宮を摘出したほうが確実な治療ができると言われています...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!