検査・治療法

形態や機能を温存し、体への負担も少ない患者にやさしい治療 放射線を利用したいがん

2005年10月

北海道がんセンター 統合診療部長の 西尾正道さん 耐用線量と分割照射 放射線でがん病巣をたたくには、放射線をたくさんかければかけるほどがん細胞が死滅しやすい。だから治療効果を上げるには、放射線をたくさんかけることだ。しかし、たくさんかけすぎるとがん細胞ばかりか、正常組織もダメージを受け、障害が出てくる。ここが放射線治療の難しいところである。 そこで、正常組織や臓器で障害が出ない範囲の、ぎりぎ...

詳細はこちら

放射線の強度を変えた照射で、副作用が大きく減少 X線の最先端技術・IMRTの成果

2005年10月

京都大学大学院医学研究科 放射線腫瘍学 ・画像応用治療学講師の 溝脇尚志さん みぞわき たかし 京都大学大学院医学研究科放射線腫瘍学・画像応用治療学講師。 1964年、京都大学医学部を卒業。 同大付属病院、田附興風会北野病院の放射線科で研修を受けた後、同大大学院医学研究科博士課程へ。 博士過程修了の後、天理よろづ相談所病院、同大放射線科助手、メモリアル・スローン・ケタリング・がんセンター医学物理...

詳細はこちら

7センチ大の2期肺腫瘍が消滅。3年半が経ち、転移、再発もない 深いがん、大きいがんでも1点に狙い撃ちする陽子線治療

2005年10月

国立がん研究センター東病院 陽子線治療部部長の 荻野 尚さん おぎの たかし 1956年新潟県生まれ。 千葉大学医学部卒業後、1985年より国立がん研究センターに勤務し、放射線治療を専門にしている。 現在、千葉県柏市の国立がん研究センター東病院で、主として陽子線治療に携わっている。 日本医学放射線学会専門医。日本放射線腫瘍学会認定医 病巣にのみ集中的に放射線を当てる画期的な治療法 国内初の回転...

詳細はこちら

ガンマナイフや手術をも凌ぐ放射線治療 頭頸部がん等、放射線の可能性を広げるノバリスの成果

2005年10月

浅ノ川総合病院 脳神経外科部長の 大西寛明さん 昨年9月、石川県金沢市の浅ノ川総合病院はノバリスの日本第1号機を導入した。 ノバリスは、ドイツのブレインラボ社が、定位放射線治療用に開発した高精度・多機能のX線発生装置のリニアックである。IMRT(強度変調放射線治療)の機能のほか、いろいろな方向から照射する複数のビームを瞬時に腫瘍の形に一致させ、正常組織をさけて照射するなどの機能も備わっている...

詳細はこちら

がん病巣を追尾しながら照射する究極のピンポイント治療 動体追跡照射で肺がんなどに大きな効果

2005年10月

北大病院放射線部助教授の 白土博樹さん 肺がんや肝臓がんなどの腫瘍は、息を吸ったり、吐いたりするたびに動いて、その位置が変わる。横隔膜の近くにできた肺がんだと3センチもの振幅があるといわれる。前立腺がんなどの腫瘍は、腸が便を押し出そうとする動きに伴ってその位置が変わる。そのため、例えば直径1センチの肺がんで呼吸のたびに左右に1.5センチの振幅がある場合、腫瘍を含む4センチ程度に放射線を照射...

詳細はこちら

放射線治療による副作用とその対策 皮膚炎には軟膏を、膀胱炎や下痢なら十分に水分を補給しよう

2005年10月

やました こうすけ 神奈川県立がんセンター放射線治療科医長。 1956年東京生まれ。 81年防衛医科大学医学部卒業。 各地の自衛隊病院、国立がん研究センター等を経て現職。放射線治療に関する啓蒙活動を行いながら、患者側の視点やQOLを大切にした医療をめざす 神奈川県立がんセンター 放射線治療科医長の 山下浩介さん 放射線治療ってこわいもの?照射法や機器の発達により、昔のような副作用は減っています放...

詳細はこちら

在宅ホスピスを長続きさせるコツ 日本ホスピス・在宅ケア研究会理事の梁勝則さん(医師)に聞く

2005年9月

在宅ホスピスに熱心に取り組む 梁勝則さん 在宅ホスピスとは がんの末期、病院ではなくて家で過ごしたいと思った場合に、「在宅ホスピス」という選択肢があります。これは、ホスピスの重要な要素である「症状緩和」と「精神的な支援」を、自宅で受けることです。 「施設ホスピス」が医師や看護師にほとんどすべてお任せするのに対し、「在宅ホスピス」の介護の中心は家族です。何しろ、医師や看護師が患者さんの家にい...

詳細はこちら

患者の最高のサポーター・家族はどこまで支えられるか 濃密な時間を共有するために必要なこと

2005年9月

医療法人財団健愛会 あおぞら診療所新松戸理事長の 和田忠志さん わだ ただし 1990東京医科歯科大学医学部卒業。 同5月より特定医療法人財団健和会みさと健和病院臨床研修医、92年4月より東京都立広尾病院神経科などを経て、99年6月にあおぞら診療所を設立。 理事長に就任。現在に至る。在宅医療に関する論文、著書多数。 大切なのは患者の思いを聴き取ること 「突然、容態が急変することもあるのでは...

詳細はこちら

体験者の声で見えてきた在宅ホスピスの光と影 「わが家で最期」を選んだそれぞれの形

2005年9月

〈人生最後のときは、家で過ごしたい〉 いつしか漠然と、私はそう考えるようになった。 それは、今時珍しく「自宅出産」を選択したことがきっかけだった。 自分の日常に囲まれて、家族とともに「そのとき」を迎えることができた。病院の時間的な事情に合わせるのではなく、あくまで「私」のペースですべてが進んでいく。助産師はお産で何が起きるのか、前もって詳しく説明してくれる。また、何が起きても対処できる...

詳細はこちら

患者の不安や痛みを軽減する音楽療法 手術前後のQOLアップが実証された!

2005年9月

茨城音楽専門学校 音楽療法科科長の 高橋多喜子さん たかはし たきこ 茨城音楽専門学校音楽療法科科長。 日本音楽療法学会認定音楽療法士。 心理音楽療法研究所主宰。 高齢者、障害児のための音楽療法、及び、精神科において10数年、音楽療法に携わる。 国立音楽大学音楽学部楽理学科卒。 音楽療法って何? QOLアップ、障害の改善を目的に、音楽のもつ治療的特質を計画的に用いること 音楽を聴くと、気分が...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!