検査・治療法

治療の手がつきたと言われても、あきらめるのはまだ早い

2004年10月

海外から個人輸入して手に入れた日本で未承認の抗がん剤 進行・再発大腸がんの進行を抑える血管新生阻害剤 癌研究会付属病院化学療法科医局長の水沼信之さん 厚生労働省が承認していない抗がん剤の1つにアバスチン(一般名ベバシズマブ)がある。世界標準のがん治療薬として大きな期待を集めている世界初の血管新生阻害剤だ。 「がんは自ら栄養補給路である新生血管をつくり、分裂・増殖に必要な栄養と酸素を引き...

詳細はこちら

家族は変わらぬ接し方で見守って

2004年10月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

痛みをなくすレポート(1)痛みを我慢しない

2004年10月

かたやなぎ のりお 昭和30年栃木県生まれ。昭和55年新潟大学医学部卒業後、同大学付属病院外科医局に入る。長岡赤十字病院、亀田第1病院等を経て、平成4年新潟市民病院第1外科医長、平成7年同外科副部長。平成16年新潟市民病院緩和ケアチーム長に加えて、新潟大学医学部臨床助教授に。専門は食道がん、胃がんの診断、治療だが、がんの緩和ケアにも力を注ぐ。日本食道学会評議員。 新潟市民病院外科副部長 ...

詳細はこちら

進行・再発大腸がんの第一選択の治療薬が使えないのはなぜ? 安易に使わず、専門の腫瘍内科医の指導と管理の下に利用しよう

2004年9月

海外から個人輸入して手に入れた日本で未承認の抗がん剤 進行・再発大腸がんの第一選択の治療薬 癌研究会付属病院化学療法科医局長の水沼信之さん 千葉健生病院内科科長の今村貴樹さん 世界標準の抗がん剤なのに、日本では未承認のために使用できない代表的抗がん剤の1つにエロキサチン(一般名オキサリプラチン)がある。 「エロキサチンは進行・再発大腸がんの第一選択(ファーストライン)の治療薬とし...

詳細はこちら

フローラルな香りで心を癒して

2004年9月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

免疫の最先端治療、第4のリンパ球、NKT細胞免疫療法 NK細胞とT細胞の両方の機能を持つ細胞の力でがん細胞を攻撃

2004年9月

千葉大学大学院医学研究院 免疫発生学教授の中山俊憲さん がんの進行を抑制する新しい治療の手T細胞や、ナチュラルキラー(NK)細胞という免疫細胞なら聞いたことがあっても、NKT細胞という免疫細胞を知っている人はそう多くはないのではないか。知っているなら、かなりの免疫通といえよう。そのNKT細胞をターゲットにおいた新しい免疫療法が、今臨床の現場で大きな注目を集めている。 [NKT細胞による細胞免疫療...

詳細はこちら

がん患者が安心して上手に抗がん剤を使う個人輸入手引書

2004年8月

個人輸入で入手した日本で未承認の代表的抗がん剤 世界60カ国で承認された薬が承認されない不思議欧米先進国はもとより、世界でごく当たり前に用いられて病気を改善したり延命したりしている世界標準のがん治療薬。ところが日本では、こんな薬すらも使えなくて病院や医師から見放され、路頭に迷っているがん患者が多い。 たとえばエロキサチン(一般名オキサリプラチン)という抗がん剤。8年前の1996年にフランスで...

詳細はこちら

幸福感に包まれる柑橘系の香り

2004年8月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

大自然の気と精油の香りで包まれて

2004年7月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

効果は大きく副作用は小さい 身体にやさしい重粒子線治療

2004年7月

正常細胞を避けがん細胞のみを攻撃。奏効率は手術にも匹敵する 放射線医学総合研究所重粒子線医科学センター長の辻井博彦さん 重粒子線治療によるさまざまな利点 臨床試験の対象となる特定のがん患者しか受けられなかった重粒子線治療が、昨年(2003年)11月、厚生労働省から*高度先進医療の承認を受け、広く一般のがん患者へ解禁されることとなった。まず、(1)頭頸部がんと(2)骨軟部腫瘍、(3)肺がん、(4...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!