検査・治療法

大自然の気と精油の香りで包まれて

2004年7月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

効果は大きく副作用は小さい 身体にやさしい重粒子線治療

2004年7月

正常細胞を避けがん細胞のみを攻撃。奏効率は手術にも匹敵する 放射線医学総合研究所重粒子線医科学センター長の辻井博彦さん 重粒子線治療によるさまざまな利点 臨床試験の対象となる特定のがん患者しか受けられなかった重粒子線治療が、昨年(2003年)11月、厚生労働省から*高度先進医療の承認を受け、広く一般のがん患者へ解禁されることとなった。まず、(1)頭頸部がんと(2)骨軟部腫瘍、(3)肺がん、(4...

詳細はこちら

香りの力で心の重みを軽くして

2004年6月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

あなたの命のエネルギーを信じて

2004年5月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

見落とし・誤診を避けて、有効な乳がん検診を受けるために

2004年5月

2003年の8月から10月にかけて、朝日新聞紙上で乳がん検診に関するキャンペーンが行われ、医療機関、市民、患者の間にさまざまな反響を生んだ。乳がん検診を受けたにもかかわらず、「見落とし」「誤診」があったとする体験を発端に、乳腺専門医への受診とマンモグラフィによる検診を強くすすめる内容だった。 04年2月26日、厚労省の「がん検診に関する検討会」はマンモグラフィによる検診の対象年齢を50歳以上から4...

詳細はこちら

やさしくさすってリラックス

2004年4月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

自己検診は乳がん早期発見の近道

2004年4月

えんどう ときこ 国立名古屋病院放射線科第一医長、名古屋大学医学部臨床教授、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会教員・研修委員会委員長。 早期発見、早期治療が乳がんのキーワード 近年、食生活の変化や女性の生活パターンの変化などから、乳がんにかかる人が増えています。とくに乳がんは若い年齢で発症するのが特徴で、30歳代から増え始め、40歳以上になると急カーブで増加しています。30歳代から50歳代の若い...

詳細はこちら

香りのおふろから始めてみませんか

2004年3月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

副作用を抑えるがんのクロノテラピー(時間治療)  夜間に抗がん剤投与の治療が進行大腸がんや卵巣がんに効果

2004年2月

進行大腸がんの クロノテラピーに取り組んでいる 横浜市立大学医学部第2外科教授 嶋田紘さん がん細胞の分裂・増殖の日内リズムを利用する [骨髄細胞のDNA合成の日内リズム] このように骨髄細胞は昼間さかんに分裂・増殖する。だから、 昼間抗がん剤の治療をすると副作用が強まることが予想される がんの化学療法の分野で最近、夜間の抗がん剤投与など生体リズムに着目した時間治療(クロノテラピー)が大きな注...

詳細はこちら

咳を鎮めるアロマで介護者も幸せに

2004年2月

はせがわ のりこ星薬科大学薬学部卒業。香りや予防医学への興味から、ヨーガ・薬膳・ハーブのアロマテラピーを研究。薬剤師、アロマテラピスト。著書『ガンを癒すアロマテラピー』(リヨン社)アロマオイルが欲しい方、アロマのカウンセリングを受けたい方は、サプリメントスタジオ「Joy Heart(ジョイハート)」にお問い合わせくださ い。専門薬剤師がアドバイスいたします。「ジョイ ハート」はこころと体の両面から...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!