• rate
  • rate
  • rate

急性リンパ性白血病(ALL)の最新治療
治療の新たな可能性――分子標的薬の登場、移植医療の進展

監修:安藤潔 東海大学医学部血液・腫瘍内科教授
取材・文:常蔭純一
発行:2006年10月
更新:2013年4月

  
安藤潔さん
東海大学医学部
血液・腫瘍内科教授の
安藤潔さん

血液の元となる幹細胞は、分化して骨髄系幹細胞とリンパ系幹細胞に分かれる。「リンパ性の血液がん」である、急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫は、このうちリンパ系に分化した細胞ががん化する病気だ。

これらの中心となる治療は、主に多剤併用の抗がん剤治療だが、現在、分子標的薬や、移植技術の発達により、新しい可能性も開かれてきている。

リンパ球の分化過程で細胞ががん化

生体の免疫能を担うリンパ球は赤血球など、他の血球と同じように骨髄でつくられた後、リンパ節や胸腺で機能分化し、成熟した後にリンパ管や血管を介して全身に送り出される。リンパ球ががん化するリンパ性がんは、そうしたリンパ球の分化段階によって、大きく急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫の3種類に大別される。

まず骨髄ではB細胞やT細胞の原型となる前駆細胞がつくられるが、それらががん化したのが急性リンパ性白血病だ。

日本人の成人を対象にした場合の発生頻度は人口10万人に対し1例以下となっている。

今回、取材した安藤潔さんが所属している東海大学医学部付属病院における、96年から05年まで10年間の診療件数は80例だ。

急性リンパ性白血病

まずは急性リンパ性白血病の特徴から見ていこう。

「急性リンパ性白血病は成人だけでなく小児にも多く見られるがんで、骨髄にある未分化のB細胞、T細胞が腫瘍化することで起こります。当然ながら骨髄全体に影響が及び、赤血球や血小板、白血球の一種である好中球にも機能不全が起こります。その結果、動悸や息切れ、感染症にかかりやすくなる、皮下出血さらには脳内出血など、多様な症状が現れます。
B細胞ががん化して起こっている場合は、発病の際に細胞のがん化とともに9番の染色体と22番の染色体が相互に転座して フィラデルフィア染色体(Ph染色体)が生じ、それが発がんの原因となることもある。そうしたフィラデルフィア染色体陽性の場合は、最近まで治療がきわめて困難な状況にありました」

と、東海大学医学部の安藤潔さんは語る。

この急性リンパ性白血病に限らず、リンパ性がんはB細胞ががん化する場合と、T細胞ががん化する場合があるが、現実には前者が圧倒的に多く、安藤さんによると両者の患者数の比率は10対1程度にも達しており、またT細胞の治療は基本的にはB細胞のそれに準じているという。そこでここではB細胞のがんを中心に取り上げることにしたい。

[急性リンパ性白血病の分類]

L1 小細胞均一型
小さな芽球が増殖する。とくに小児に多く、3歳から6歳頃をピークに発症する。予後は良好。 ただしフィラデルフィア染色体が陽性の小児の場合は予後不良
L2 大細胞不均一型
比較的大型で不均一な芽球が増殖する。核小体を複数持つ。成人の急性リンパ性白血病の大半を占める
L3 バーキット型
大型で均一な芽球が増殖する。バーキットリンパ腫に似た白血病細胞が見られる。 細胞質に空胞を持つ。予後は不良

抗がん剤の多剤併用による寛解導入療法

さて、急性リンパ性白血病の治療法はどのようなものだろう。

東海大学医学部付属病院は日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)に参加しており、そこで標準治療として定められた治療が行われている。

具体的には、まず強力な抗がん剤治療による寛解導入療法が行われる。期間は1カ月~1カ月半程度。抗がん剤の用い方は多剤併用で、用いられる抗がん剤はエンドキサン(一般名シクロホスファミド)、ダウノマイシン(一般名ダウノルビシン)、オンコビン(一般名ビンクリスチン)、プレドニン(一般名プレドニゾロン)、ロイナーゼ(一般名L-アスパラギナーゼ)など。

とくに治療開始当初の1週間は連日、抗がん剤投与が行われる。

この寛解導入療法によって、白血病細胞の可能性のある芽球が5パーセント以下になると完全寛解とみなされ、次の段階として、やはり抗がん剤による地固め療法が5コース繰り返されることになる。ちなみにこの場合にはキロサイド(またはサイトサール、一般名シタラビン)、ノバントロン(一般名ミトキサントロン)など、やはり強力な抗がん剤が用いられ、寛解導入療法と合わせると約半年間の治療が行われる。安藤さんによると、こうした一連の治療による寛解率は80~90パーセントにも達しているという。


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!