がんを狙い撃ちする 最新のがん免疫療法「樹状細胞療法」

発行:2006年1月
更新:2013年4月

  

患者さんのがん細胞だけを敵と認識する治療用細胞をオーダーメイド

がん細胞は、リンパ球の攻撃を巧みに避け、どんどん成長してしまいます。これまで主流とされてきた免疫細胞療法の多くは、血液からリンパ球を取り出して体外で増殖し、活性化した後に患者さんに戻すという治療ですが、患者さんのがん細胞に的を絞って効率よく治療することは困難でした。

「樹状細胞」は、リンパ球に細菌やがんなどの体内の異物を攻撃するように指令を出す免疫細胞です。樹状細胞療法は、体外で患者さん本人のがん細胞と樹状細胞を接触させ、このがん細胞だけを攻撃すべき敵としてインプットされた樹状細胞を大量に培養し、患者さんに戻す治療法です。したがって、リンパ球は特定のがん細胞に的を絞るよう指示を受け、効率よくがん細胞を攻撃することができます。

東大医科研付属病院先端診療部の技術を活用

この樹状細胞療法をより身近にする取り組みを行っているのが、テラ株式会社です。現在、東大医科研付属病院先端診療部において研究開発された治療技術・ノウハウを基に、医療機関へ「樹状細胞療法」の技術・ノウハウの提供を行っています。 この樹状細胞療法は、世界的にも高い治療効果が得られている、患者のがん組織を活用した方法を取っているため、小指の頭大のがん組織が必要となります。東大医科研付属病院先端診療部での臨床研究では、他治療が一切無効であった末期症例に対し、約3割にがんの退縮あるいは進行が停止するといった反応が確認できました。中には、握り拳大ほどのがんが潰れてしまったという症例も認めています。

セレンクリニックで治療開始

現在、本療法は、東京都港区のセレンクリニックで受けることができます。 2005年夏に樹状細胞療法専門医院として活動を開始、現在月10人に患者を限定して集中的に治療を行っています。また、当クリニックでは、進行がん患者の再発時の治療選択肢を拡げる目的で、治療を行うにあたって不可欠である「がん組織」の保管も行っています。


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!