基底細胞がん。手術で断端陽性、再手術は必要?

回答者:並川 健二郎
国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科医師
発行:2012年11月
更新:2013年12月

  

頬にできた基底細胞がんで手術を受けましたが、術後断端が陽性だったとのことで、再手術が必要と言われています。できれば再手術はしたくないのですが、そのような選択の可能性はあるのでしょうか。

(宮城県 女性 70歳)

A ぜひ再手術を

基底細胞がんは、局所再発する可能性はありますが、遠隔転移がほとんどみられないがんです。手術できちんとがんを取りきることが、治療の1番の目標となります。初回の手術で断端が陽性だったのであれば、ぜひ再手術をお勧めします。

なお、再手術によって傷が広がることが、整容面などの観点からどうしても受け入れられないという場合には、断端陽性の程度にもよりますが、まずは定期的な経過観察を行うという選択肢もないわけではありません。担当医にご相談してみてください。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!