治癒力を引き出す がん漢方講座
第7話 漢方治療で免疫力を高める

福田一典
(2006年9月)

  
福田一典さん

ふくだ かずのり
銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。

体にはがんを押さえ込む免疫力が備わっている

がん細胞が発生すると、私たちの体は免疫力やいろいろな仕組みを使ってがん細胞を排除しようとします。

「免疫」とは異物に対して攻撃を仕掛けて、排除しようとする生体防御の要です。異物とは外部から侵入してきた細菌やウイルスなどの病原菌のみならず、体内に生じたがん細胞も含まれます。免疫は主にリンパ球という細胞が中心になってコントロールされています。リンパ球にはB細胞・T細胞・ナチュラルキラー(NK)細胞などがあります。これらの免疫細胞の働きが弱まると、がんが発生しやすくなります。

免疫機能低下の最大要因は老化です。ほかに精神的・肉体的ストレスや栄養障害なども挙げられます。老化とともにがんの発生が増えることや、ストレスががんの発生や進行を促進することも、その原因は免疫力が低下するからなのです。抗がん剤や放射線や手術といったがんの通常治療も免疫力を低下させる欠点があります。がんの漢方治療の最大の目的は、通常治療やがんの進行によって低下した免疫力を回復させることにあります。

免疫力が高まる体にするのが漢方薬治療の基本

免疫増強作用をもった薬剤や健康食品をいくら大量に使っても、栄養状態が悪かったり、組織の血液循環が悪くて新陳代謝が低下しているような状態では、免疫力は十分高まりません。

体の正常な機能を阻害する要因を除去し、足りない部分を補う生薬の組み合わせを考えることが漢方治療の基本です。免疫力を高めるためにも、まず患者さんの身体の異常に視点を置きます。消化吸収機能を高めて栄養状態を良好にし、全身の血液循環を良い状態に保ち、新陳代謝や臓器の機能を高めるなど、体全体の機能をバランスよく良好な状態にするという全人的な視点を重視します。

専門的には、気・血を補うという観点から補気薬や補血薬を使用され、血液循環の改善の目的で駆血薬を用い、消化器系の機能を高めるために健脾薬を、新陳代謝の低下があれば補陽薬や散寒薬を、といった具合です。

たとえば抗がん剤治療を受けている患者さんを漢方的にみると、気・血が量的に損なわれ「気血両虚」の状態にあり、気・血の巡りも悪くなって気滞やオ血の状態になっています。このような状態で、いくら免疫細胞を刺激するサプリメントを摂取しても、免疫力を高めることはできません。

補剤は細胞性免疫を高める

免疫を調整するヘルパーT細胞には、細胞性免疫を担うTh1タイプと液性免疫を担うTh2タイプがあります。がん細胞を攻撃するのはTh1細胞の働きです。

栄養不全・加齢・ストレスや慢性疾患などがあると、T細胞はTh2タイプへの分化が亢進し、Th1タイプが抑制されることが知られています。

このような生体防御のひずみによってTh1タイプのT細胞の機能が抑えられると、がんや感染症に対する免疫力が低下することになります。

高麗人参・黄耆・朮・茯苓・甘草などの補気・健脾薬は単球(単核白血球=マクロファージ)の活性化によりTh1優位の免疫応答反応を誘導し、感染防御や抗腫瘍に働く細胞性免疫を賦活化します。補気剤の補中益気湯は、T細胞のTh1タイプへの機能分化を優位にするように作用することが報告されています。気血の両方を補う漢方薬の代表である人参養栄湯や十全大補湯は、さらに骨髄造血機能を回復させる効果も証明されています。このように補剤には生体防御のひずみを正してT細胞の機能分化を調整し、とくに栄養不全・加齢・ストレスや慢性疾患における細胞性免疫機能の低下を改善する作用が期待できます(図)。

[漢方薬による免疫力アップへの仕組み]
図:漢方薬による免疫力アップへの仕組み
補剤には、マクロファージを活性化してTh1細胞への機能分化を促進すると同時に、栄養障害・悪液質・加齢・ストレスといったTh1細胞の機能分化を阻害する要因を改善することによってがんに対する免疫力を高める

補中益気湯などの補剤にはマクロファージの活性化、リンパ球数の増加、NK細胞活性化などの免疫増強作用が報告されています。このような作用は補中益気湯がTh1細胞を活性化することで説明されています。低下したTh1細胞の活性を上げるという補中益気湯の効果は、老化に伴う抗腫瘍免疫の低下を回復させることや、真菌や細菌に対する感染防御力を高めるなど多くの実験結果からも支持されています。

免疫力を高めるだけでは逆効果もある

免疫力を高める健康食品(アガリクス、メシマコブ、冬虫夏草など)や、高麗人参のような滋養強壮剤を含む漢方薬は、抗がん剤治療のようながんを攻撃する治療と併用する場合や、がんの発生を予防する目的には良いようです。しかし、体の中に大きながんがあるときに、がん細胞の増殖を抑える配慮を行わずに、単に免疫力の賦活だけを行うと、がんが進行したり病状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

活性化したマクロファージは、腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)やインターロイキン-12 (IL-12)を合成します。IL-12はナチュラルキラー細胞を活性化し、細胞性免疫(Th1細胞)を増強して抗腫瘍的に働きます。TNF-αはその名の通りがん細胞を殺す作用があるのですが、大量に産生されると悪液質の原因となり、酸化ストレスを高めたり、腫瘍血管の新生を刺激する結果になります。

このようにマクロファージが活性化すると、免疫力を高めて抗腫瘍効果を発揮します。しかし、場合によっては、がん細胞の増殖を促進したり、症状を悪化させる可能性もあるのです。

漢方のがん治療では、滋養強壮や免疫力増強の目的で補剤を用いるときには、炎症を抑える清熱解毒薬や気血の流れを良くする駆オ血薬や理気薬、抗がん作用をもった生薬と組み合わせるのが基本です。これは免疫を高めるだけでは、がんを悪化させることを経験的に知っているからです。

漢方薬にはβ-グルカンを豊富に含むサルノコシカケ科のキノコ由来の生薬(霊芝・猪苓・茯苓など)や高麗人参や黄耆など免疫増強作用をもった生薬が豊富です。漢方の強みは、それらが効果的に働くような全身状態に仕上げることと、がんを悪化させないための配慮がなされている点にあります。

関連記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート11月 掲載記事更新!