腋窩リンパ節転移あり。抗がん薬治療は必要?

回答者・上野貴史
板橋中央総合病院外科医師
発行:2016年1月
更新:2016年4月

  

現在31歳で、右乳房全摘術、リンパ節郭清(腋窩リンパ節2個転移あり)を受けました。ER、PgRとも陽性、HER2陰性、グレード2、ステージは2Bよりの2Aと言われました。主治医は術後、ホルモン療法のみでよいと言いますが、リンパ節転移があったので、抗がん薬治療をしたほうがいいのではないでしょうか。また、今後出産を望んでいるので、卵巣機能への影響も教えてください。

(31歳 女性 神奈川県)

ルミナルAタイプかBタイプかを調べるべき

板橋中央総合病院外科医師の
上野貴史さん

質問者のKi-67の値がないのでルミナルAタイプなのかBタイプなのかがわかりません。ルミナルAタイプではホルモン薬治療のみでもよいと思われますが、ルミナルBタイプの場合、リンパ節転移も2個あるため、抗がん薬併用が勧められます。Ki-67染色率を調べるべきです。

また、金銭的余裕があれば、費用がかかりますが、「オンコタイプDX」という遺伝子検査を受けると、抗がん薬も併用したほうがよいかどうかが病理組織とは別の観点からもわかります。

抗がん薬治療を受けた場合、使う薬剤にもよりますが、31歳の場合5~10%程度、閉経するリスクがあります。出産を強く望むなら、抗がん薬の投与前に卵子や胚の凍結保存をするという方法もあるので、主治医と相談してみるとよいと思います。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!