アービタックスで顔にぶつぶつが。対策は?

回答者:大矢 雅敏
獨協医科大学越谷病院 第1外科主任教授
発行:2011年5月
更新:2013年11月

  

今年2月、大腸がんが再発していることがわかりました。現在、FOLFOX療法にアービタックスを併用した治療を行っています。治療を始めてから、顔にニキビのようなぶつぶつができて、じくじくと痛がゆさが続いています。このぶつぶつはどうにかならないのでしょうか。化粧をして隠そうとしても隠せるようなものではなく、人の目が気になって外に出られないような状態が続いています。

(東京都 女性 62歳)

A 軟膏や抗生物質で乗り切ることが大切

アービタックスの治療を始めると、必ずといっていいほど出てくる副作用が皮膚障害です。皮膚障害の程度によって、色々と治療法が検討されていますが、軟膏を塗ったり、抗生物質を飲むなどの対処法がされています。アービタックスは、有効な間はずっと注射し続けなければならないお薬なので、ご相談者の方もつらいかと思います。ただし、このお薬を使う場合、必ずといっていいほど出てくる副作用であること、さらには皮膚障害が出る人のほうが、治療の有効性が高いという報告もあります。

ですので、主治医の先生と相談し、皮膚障害の治療を行いながら、頑張って治療を続けることをお勧めします。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!