検査・治療法

臨床試験

安心して臨床試験を受けるための基礎知識 1.臨床試験・治験は必要?

2006年12月

浜松オンコロジーセンター長の 渡辺亨さん 海外で使われる薬の3分の1が使えない 臨床試験とは、治療方法の安全性や有効性を、健常人や患者さんに被験者になってもらって検討するものをいう。臨床試験の中でも、新しく開発された医薬品の製造承認の許可を求めたり、海外で作られた医薬品の輸入の許可を得るための資料を作成するための試験をとくに「治験」と呼ぶ。大切な役割を持つ治験だが、日本には様々な問題があると...

詳細はこちら

当事者として主体的な選択をするために 「臨床試験を受けませんか」と言われたら

2004年1月

臨床試験ががん患者にとって身近な問題に [臨床研究・臨床試験・治験の関係] 臨床試験とは、新薬の開発をはじめ、他の薬と併せて使う方法や、薬と手術、放射線など他の治療法と組み合わせた治療法の新たな開発と確立を目的とする研究過程において、人間を対象に行われる試験のことである。中でも新たな薬の製造や輸入に際し、厚生労働省の承認と健康保険の適応を得るためのものを治験という。治験も臨床試験の一つにほかな...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!