1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 乳がん > 
  4. 乳がん
 

勤め先に知られずに、治療を受けられないか

回答者:上野 貴史
板橋中央総合病院 外科医師
発行:2010年10月
更新:2015年2月

  

32歳の独身OLで、メーカーで事務をしています。念願かなって、2010年6月に契約社員から正社員になることができました。しかし、その矢先に乳がんが発見され、とても落ち込んでいます。不幸中の幸いというべきか、早期がんのようで、乳房温存手術と、その後の放射線治療と抗がん剤治療で治る可能性が高いといわれています。治りたいのはもちろんですが、病気のことを会社に知られたくありません。手術には、4~5日の入院が必要といわれていますが、抗がん剤治療も含めて、入院期間を1週間以内に抑えることはできないでしょうか。1週間程度なら、どうにか理由をつけて、会社を休めそうです。抗がん剤治療で髪の毛が抜けることも、できれば避けたいです。脱毛しないで治療できるでしょうか。また、体力面などから考えて、仕事は続けられるでしょうか。

(千葉県 女性 32歳)

A 勤め先に伝え、理解を得た上で治療を受けるように

ご相談者のような病状の場合、手術に伴う入院期間は通常、1週間以内です。

手術後には、放射線治療と抗がん剤治療を受ける予定のようですが、放射線治療には1カ月半ほど、抗がん剤治療には最短でも2カ月半かかります。これらの治療はいずれも通常、外来で行います。

病気のことを会社に知られたくないということですが、上司など、会社の人には報告すべきでしょう。たとえば、抗がん剤治療の副作用で白血球が減少し、それがもとで感染症を合併して、入院しなくてはいけなくなることもありえます。そうした場合、会社に報告していないと、会社に迷惑をかけてしまうことにもなります。

また現在、乳がんに対して標準的に使われている抗がん剤は脱毛が起こることが多いです。脱毛がどうしても嫌な場合は、エンドキサン(一般名シクロホスファミド)+メソトレキセート(一般名メトトレキサート)+5-FU(一般名フルオロウラシル)のCMF療法、あるいはナベルビン(一般名ビノレルビン)とゼローダ(一般名カペシタビン)の併用療法などが考慮されます。ただし、いずれも一般的な治療法ではありません。抗がん剤治療が終わってしばらくすると、髪の毛はまた生えてくることを考えても、基本的には標準の抗がん剤治療を勧めます。

事務職ということを考えると、仕事を続けることは可能だと思います。しかしそれでも、治療の副作用などで体調を崩すことは起こりえます。治療期間中は体調の悪いときは、急に会社を休めるような状況作りが必要になるかもしれません。そうしたことを考えても、会社に病気のことをきちんと話して、理解を得た上で、仕事を続けることが大切です。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!