肺転移が1カ所だけなら 手術で切除できるか

回答者・上野貴史
板橋中央総合病院外科医師
発行:2015年12月
更新:2016年3月

  

47歳の乳がん患者です。2年前乳がんの手術を受け、現在ホルモン療法中です。HER2陰性、ルミナルBタイプ、術前にTC療法(タキソテール+エンドキサン)を受け、3㎝だったがんは1㎝になりました。リンパ節転移は2/10でした。

しかし、先日の検診で肺に小さな腫瘍らしきものがあると言われ、来月再検査を受けることになりました。もし肺転移であれば、どうような治療法になるのでしょうか。乳がんは他の臓器に転移すると手術はできないと聞きましたが、肺に1カ所の腫瘍があるだけであれば、手術で切除することはできますか。

(47歳 女性 愛知県)

乳がんの転移なのか、肺がんなのかの見極めを

板橋中央総合病院外科医師の
上野貴史さん

肺の腫瘍らしきものが乳がんの転移なのか、別の肺原発のものなのかを見極めることが重要です。一般的に、原発では手術が適応になり、根治できる可能性があります。

一方転移の場合には、一般的には手術適応はなく、全身療法を行うことが原則です。原発か転移かは、画像検査や腫瘍マーカーで診断されるのですが、判断しにくい場合は手術で肺の腫瘍を採取し、病理検査で確認します。ご質問者は肺に1カ所だけとのことですから、原発かもしれません。原発か転移かを判断するために、手術も選択肢となります。

その結果、原発であれば肺がんの治療が行われ、転移と診断された場合は、全身療法による薬物治療になります。

タキソテール=一般名ドセタキセル エンドキサン=一般名シクロホスファミド

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!