炎症性乳がんの転移。今後の治療法は

回答者・上野貴史
板橋中央総合病院外科医師
発行:2016年6月
更新:2016年9月

  

母(73歳)が炎症性乳がんと診断されました。見つかったときは、すでに肺に転移していて、化学療法(タキソール)を行ったのですが、あまり効果が見られませんでした。今後はどのような治療法になるのでしょうか。化学療法以外の治療法はありますか。ホルモン受容体は陽性、HER2は陰性です。母の年齢を考えると心配でなりません。

(45歳 女性 北海道)

アバスチンの併用療法。放射線治療の検討も

板橋中央総合病院外科医師の
上野貴史さん

炎症性乳がんは乳がん全体の1%ほどで、進行が早いとされています。

ご相談者はすでに転移をされているということですから、今後も化学療法が基本になります。炎症性乳がんは血管新生が盛んなため、それを阻害する作用のある、分子標的薬のアバスチンが効果的だと言われています。タキソール+アバスチンの併用療法を試みるとよいかと思います。

再発転移の治療では、1つの治療法の効果があるうちはそれを続け、効果がなくなったら別の治療法を行うという方法で進めます。タキソール+アバスチンが効かなくなった場合、次はアンスラサイクリン系のアドリアシンもしくはファルモルビシン、その次にはハラヴェンを使うのが一般的です。また局所のコントロール(制御)には温熱療法を併用した放射線治療も有効なので、担当医と相談されるとよいと思います。

タキソール=一般名パクリタキセル アバスチン=一般名ベバシズマブ アドリアシン=一般名塩酸ドキソルビシン ファルモルビシン=一般名エピルビシン ハラヴェン=一般名エリブリン

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!