全摘術後に出血続く。手術のミス?

回答者・織田克利
東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座生殖腫瘍学准教授
発行:2016年6月
更新:2016年9月

  

今年(2016年)2月に子宮頸がんで、子宮全摘出術+リンパ節郭清術を受けましたが、その後出血が1カ月近く続いています。手術後に、こうした出血が続くことはあるのでしょうか。手術ミスなど、色々考えてしまいます。

(39歳 女性 千葉県)

術後合併症と関連しているかの確認を

東京大学大学院医学系研究科
産婦人科学講座生殖腫瘍学
准教授の織田克利さん

個人差があるものの、多くの患者さんに多少の術後出血は見られます。出血があったということで手術にミスがあったと考えることは早計です。手術から1カ月以上出血が続くこともあります。

原因ですが、子宮を取り除き開放された膣を縫い合わせているので、一般的には膣断端から少量の出血が起こります。自分で見ることができませんので、肉芽というポリープのようなものが膣断端にあっても自分では判断できません。少し触れるだけでも出血するような場合もあります。膣断端の縫い合わせ方も施設により多少異なりますし、おりものが交じって出血のようになってしまっただけかもしれません。

大事なのは、今回の出血が術後の合併症と関連しているかを主治医に確認することです。例えば、膣の奥の見えないところに血腫ができることもあります。また、尿管や膀胱に傷ができた場合に、尿の一部が膣から漏れてくるような場合もないとはいえません。出血が少量でなく、術後の状態として異常かどうか判断できない場合には、相談者の懸念を払しょくするためにも、早めの受診をお勧めします。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!