鈍く重い痛みを抑えるにはどんな治療がよいか

回答者:向山 雄人
東京都保健医療公社豊島病院 緩和ケア科医長
発行:2003年11月
更新:2013年12月

  

妻が約1年前に卵巣がんの手術を受けました。明細胞がんなので抗がん剤は効かないと言われ、追加の治療はしませんでした。先日、腹水がたまったために再発がわかりました。お腹から腰にかけての鈍く重い痛みを少しでも抑えられたらと思うのですが、どのような治療が考えられますか。

(静岡県 男性 68歳)

A 痛みの治療と同時に、ステロイドの投与で腹水の量を少なくできる場合も

抗がん剤の効きにくい明細胞がんに対し、腎・肝機能に問題がない場合に、腹水を適度に抜き全身状態を改善した上で、イリノテカン(トポテシン、カンプト)を軸とした治療を行う症例報告があります。また、がん専門病院などで明細胞がんに対する臨床試験や新薬の治験が行なわれていれば、参加するのも選択肢の1つかもしれません。

アセトアミノフェンまたは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)にオピオイド鎮痛薬、時に抗うつ薬や抗不安薬などの鎮痛補助薬を加えて痛みの治療を行うと同時に、ステロイドを投与することで腹水の量を少なくできる場合があります。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!