術後ひどい尿漏れで困っている

回答者●古賀文隆
がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長
発行:2023年11月
更新:2023年11月

  

前立腺全摘手術を受けた結果、ひどい尿漏れで日常生活もままならず困っています。こんなことになるなら手術などしなければよかったと思う毎日です。主治医からベタニスを処方されていますが、私には全く効果はありません。何かいい薬はないのでしょうか。また「骨盤底筋訓練」を行なえば効果があると教わりましたがどのくらい行えば効果はでてくるのでしょうか。

(70歳 男性 埼玉県)

重症尿失禁の場合、人工括約筋埋め込み術の治療も

がん・感染症センター都立駒込病院
腎泌尿器外科部長の古賀文隆さん

前立腺全摘除後の尿漏れは、一般的に時間経過とともに徐々に回復していきます。骨盤底筋体操は尿漏れからの回復を早める効果が期待できますが、効果が出るまでの期間は手術からの時間経過や尿漏れの程度により異なります。相談者の現在の尿漏れが術後早期(3~6カ月以内など)であれば回復は充分に期待でき、骨盤底筋体操は回復を早めてくれると思います。術後1年以上が経過していて尿漏れがひどい状態であれば、骨盤底筋体操により劇的に改善する可能性は低いと思います。

薬物療法ではクレンブテロールが有効ですが、ひどい尿漏れに対する効果は限定的です。術後数年経過しても殆ど全部漏れてしまうような重症尿失禁の場合、人工括約筋埋込み術の適応になります。この手術の実施には資格が必要であり実施医療機関も限られます。もし相談者が該当するようであれば、専門医にご相談されるとよいかもしれません。都立駒込病院には人工括約筋埋め込み術の資格をもつ医師が所属していますのでご相談に対応可能です。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!