中医師・今中健二のがんを生きる知恵

第17回 サバイバーという生き方 がんに傾かない体質を目指す!

話・監修●今中健二 中医師/神戸大学大学院非常勤講師
取材・文●菊池亜希子
発行:2022年5月
更新:2022年5月

  

今中健二さんプロフィール 中医師。中国江西省新余市第四医院医師。神戸大学大学院非常勤講師。1972年兵庫県生まれ。学生時代に母親をがんで亡くした経験から医療に関心を持ち、社会人経験の後、中国国立贛南医学院に留学。中医師免許を取得し、新余市第四医院で治療に従事。2006年帰国。神戸市を起点に中国伝統医学の普及に努める。西洋医学との垣根を超えた「患者の立場に立った医療技術」発展のため、医師や看護師、医学生に向けたセミナー、中医学に基づいたがん治療の講演など、全国各地で精力的に活動している。2020年中国医学協会を設立。著書に『「胃のむくみ」をとると健康になる』『医療従事者のための中医学入門』

手術、放射線治療、薬物療法などの一連のがん治療を終えると、定期検診を受けながら、少しずつ通常の生活に戻ります。検診も、1カ月に1度から、3カ月に1度、半年に1度と徐々に間隔が開いていくでしょう。

ただ、回数は減っても定期検診のたびに再発の不安はよぎりますし、「以前と同じ生活を続けてよいのだろうか?」と疑問を抱いたり、「再発を避けるために自分にできることはないだろうか」といった意識が生まれ、今後の生き方について考え始めるのもこのころではないでしょうか。

そこで中医学連載最終回の今回は、がん治療後「再びがんにならない体作り」を目指して、日常生活の中でできることを知り、実践していくためのノウハウをお伝えします。

中国には西洋医学、中国伝統医学の2種類の医師免許があり、中医師とは中国伝統医学の医師免許を持つ医師のこと。本連載では「中国伝統医学」を「中医学」と呼びます。

再発・転移とは、どういうことか

再発・転移というと、以前患ったがんが血流に乗って違う場所に運ばれ、そこで再び成長して発症すると想像しがちですが、中医学ではそう捉えません。まず、再発・転移とはいったい何かについて、お話します。

中医学では、がんを部位別ではなく、陽のがん陰のがんの2種類に分けて考えることは、これまでにお話してきた通りです(第1回 病は「胃」から始まる)。

胃がん、肺がん、乳がん、頭頸部がんなど体の上部に発生しやすい陽のがんは、食べ過ぎや栄養過多によって気血が作られ過ぎ、胃の経絡が溢れたり、熱がこもってしまったりしたことが原因で発生する熱性のがんです。

陽のがんは、例えるなら、鍋がグツグツ煮立って吹きこぼれ、コンロが焦げついてしまった状態。そして、陽のがん治療を終えた状態とは、その吹きこぼれた焦げつきをきれいに掃除し終えて、きれいなコンロに戻した状態と思ってください。

吹きこぼれた汚れを拭きとってピカピカに磨いても、元となる火加減を調節しなければ、時間の経過とともに、また吹きこぼれますね。つまり、がんを取り去っても、罹患前と同じように、食べ過ぎや栄養過多の食生活を続けていたら、いずれまた吹きこぼれてしまうのです。これが、陽のがんの再発・転移の正体です。

陰のがんの成り立ちは少し複雑で、別名「水のがん」とも表されます。水分は体の下部に溜まりやすく、溜まった水分を上へあげられないまま冷え固まると、むくみになり、さらに動かさないままむくみが停滞すると、ときにふやけて陰のがんに移行してしまいます。水分は下へ落ちるものなので、陰のがんは、大腸がん、子宮頸がん、前立腺がんのように、体の下部に発生することが多い傾向があります。

ただし、同じ臓腑でも、陰のがん陽のがん、どちらも起こり得る場合もあります。例えば、子宮の場合、上部の子宮体部に水が溜まることは少なく、むくみが発生するのは子宮頸部。同じ子宮がんでも、体がんは胃の経絡の疾患から来る陽のがんが多く、頸がんには陰のがんが多いのはそのためです。

陰のがんは、重力のままに水分が下に落ち、そのまま停滞させてしまったことが原因。つまり、がん治療後は、水分を下半身に溜めやすい体質を改善するよう、日常生活の中で気をつけていくことが必要になってきます。罹患以前と同じ生活を続けていたのでは、また水分を溜め、むくみから陰のがんを発症させてしまう可能性があるからです。

陽のがん、陰のがん:「万物は陰陽という対立する要素を両方持つ」とする陰陽論が中医学の根本的な考え方。陽のがんは熱性のがん。陰のがんは水分(むくみ)が原因のがん

気・血:中医学では、体の中を「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」がスムーズに巡っていれば体は良い状態だと考える。気は目に見えないエネルギー。血は血液、津液は血液以外の水分。中でも「巡り」が重視されるのが気と血

経絡(けいらく):気血が流れるエネルギーの通り道。経絡は全部で12本あり、頭や顔、内臓や手足を繋ぐように体中に張り巡らされている。体調不良の反応はその原因となる臓器の経絡上に現れる

食べ過ぎない、水分を上へあげる

以上を踏まえて、「再びがんにならない体作り」のために意識すべきことを見ていきましょう。

陽のがんを再発させないためには、まず食べ過ぎないこと。さらに、「体によいから」と、いろいろ摂取し過ぎて栄養過多に陥らないこと。これに尽きます。

陰のがんは、水分を上にあげることを意識した日常生活を送ることを心がけましょう。二足歩行をする人間は、おのずと水分が下に落ちます。下に落ちた水分は上にあげてやればいいのです。その方法は2つ。1つ目は太陽光を浴びること。2つ目は、水分調節をつかさどる腎臓・膀胱の経絡を刺激して、水分を上にあげる力を手助けすることです。

太陽光には何種類もの光線が含まれます。皮膚表面を温める紫外線、少し深いところを温めてくれる赤外線のほか、深部まで届いて体を芯から温めてくれる遠赤外線やX線など。体の芯が温まると、エネルギーは上へ向かうので、水分も上にあげてくれるのです。たとえ外出が難しくても、窓際で太陽光を浴びているだけでも、体を芯から温めて内臓脂肪を溶かし、さらに、下に溜まりがちな水分を上にあげてくれる効果が期待できます。

もう1つは腎臓・膀胱の経絡を刺激すること。前回(第16回 臓腑の問題ではない?! 腎がんと膀胱がん)お話したように、腎臓・膀胱は、腎臓・膀胱の経絡を介して、体内の水分の上げ下げを行っています。年齢とともに腎臓、膀胱の機能低下が起こると、水分を上にあげる力も少しずつ弱まっていくことは避けようがありませんが、意識的にその力を手助けしてやることはできます。

ウォーキングで足全体、とくにふくらはぎを刺激するのが最も手っ取り早く効果的。ほかにも、日光浴やマッサージ、そして、温かい湯船につかって水圧と温度で水分を押し上げてやることもできます。また、布団に横になって眠っている態勢も、実は二足歩行によって足に溜まった水を上にあげることに一役担っています。寝返りを打てば水分が攪拌されて、さらに効果が高まります(図1)。

デトックスは、季節によって目的に違いが?!

これらの対策に加えて、陽のがん陰のがん問わず、治療中も治療後もぜひ意識してほしいのが、体内で作り出された老廃物(ゴミ)をスムーズに排出するデトックス。デトックスの方法は、排尿発汗、そして呼吸です。

前提として、体の隅々まで栄養たっぷりのきれいな血液が行き届いていれば体は健康で良い状態。そのような状態ならば、栄養を運んだ先々で生成された老廃物も、血流によって回収され、尿や汗でスムーズに排出されます。ただし、冬と夏ではデトックスの目的が違ってくるのです。

冬は気温が下がることで手足が冷え固まり、血流が体の内側、つまり臓腑へ向かう季節。血液が内臓に流れ込んで、内臓の修復が促されます。つまり、内臓そのものを強くし、修復によって出た内臓の老廃物をデトックスできるのが冬場なのです。

春から夏にかけて気温が上昇してくると、今度は血流が外へ拡散され始め、お腹周りや太腿に溜め込んだ皮下脂肪を、いったん新陳代謝しようとします。体表に近い皮下脂肪に備蓄している栄養分や脂肪を溶かし、汗で排出しようとするのです。

夏に体重が落ちやすいのはそのため。外側へ拡散されるエネルギーによって、皮下脂肪が溶かされ、汗となってデトックスされるからです。逆に、冬場はエネルギーが内側へ向かうため新陳代謝は促されず、体重減少は起きにくいのです。

この季節によるデトックス作用の違いを知って、効果的に取り入れると、体質改善がスムーズに進むのではないでしょうか。冬は体の内側に血液を集めるので、内臓修復と内臓のデトックス。夏はエネルギーを外側へ拡散させる動きを使って、冬に溜まった皮下脂肪を汗にしてデトックス。冬場と夏場のデトックスポイントを頭に置いたうえで、ここからは、がん治療直後の養生について考えてみましょう。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!