• rate
  • rate
  • rate

GIST(消化管間質腫瘍)/CT検査
腫瘍が大きく膨らんで、隣の臓器が大きく変形しているのを見つける

監修:森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
取材・文:黒木要
発行:2008年7月
更新:2019年7月

  
森山紀之さん

もりやま のりゆき
1947年生まれ。1973年、千葉大学医学部卒業。米国メイヨークリニック客員医師等を経て、89年、国立がん研究センター放射線診断部医長、98年、同中央病院放射線診断部部長で、現在に至る。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発で通商産業大臣賞受賞、高松宮妃癌研究基金学術賞受賞。専門は腹部画像診断

患者プロフィール
50歳の男性Lさん。1年ほど前からときどき腹部膨満感を感ずるようになった。消化不良のせいだと思い、さして気にならなかったのだが、数カ月経っても腹部の張った感じが完全には退かず、近くの病院にて受診。十二指腸に腫瘍があるとして、国立がん研究センターを紹介され、再受診。GISTが発見された

偶然発見されることが多い

GIST(消化管間質腫瘍)は食道から直腸までの消化管に発生するがんです。通常の消化器がんはほとんどが粘膜などの上皮に発生するのですが、GISTは粘膜の下の平滑筋や粘膜筋板層から発生します。骨や軟骨、リンパ腺、筋肉などに発生する、いわゆる肉腫の1つです。

「粘膜の下の層にできる悪性腫瘍には、平滑筋肉腫、神経鞘腫、カルチノイド腫瘍などがありますが、頻度としてはGISTがもっとも多く、100万人に20人の発生率となっています」(森山さん)

世代的にもっとも多いのは50~60歳代で、発生部位としては胃、小腸、大腸、食道の順になります。 GISTが見つかるきっかけは、Lさんの場合は腫瘍が大きくなって腹部膨満感という自覚症状があったからですが、初期のGISTだと自覚症状は乏しく、発見の契機とはなりにくいのだそうです。
「たとえば上部消化管のGISTの場合、通常は他の腹部疾患の疑いで超音波検査などをしていて偶然見つかるか、胃がんの検診でエックス線造影検査や内視鏡検査をしていて見つかることが多い」と森山さんはいいます。

さてLさんですが、最初に受診した病院にて、超音波検査とエックス線造影検査を行い、十二指腸に腫瘍が存在していることはわかっていました。

そこで国立がん研究センターでは、腫瘍の広がり具合を見るためにCT検査を行いました。

本来は何もない腹腔に黒い塊が

CT検査画像
腹腔に黒い塊があって膵臓が大きく湾曲するように変形している
CT検査画像解説イラスト

Lさんの検査画像で、まず目に付くのは腫瘍が風船のように大きく膨らんでいることです。

下の腹部解剖図を参照していただきたいのですが、十二指腸は胃のすぐ下に位置しています。ここからは胆管や膵臓も枝分かれするように付いていることがわかります。

この図を目に入れたまま、再度、検査画像をご覧ください。

「本来は何もない腹腔に黒い塊があって、そのせいで膵臓が大きく湾曲するように変形していますね。GISTが大きくなって、膵臓を押しのけているのです。このように腫瘍が隣接する臓器を押しのけることを、私たち医師は圧排というのですが、この画像で腫瘍がGISTであることは、ほぼ察しがつきます」(森山さん)

胃がんや大腸がんは、進展して壁を突き破ったとしても、このように腹腔内に大きく突き出すように腫瘤を形成することはほとんどありません。その点、GISTは決定的に違います。

ちなみに十二指腸にできる腫瘍でGISTとまぎらわしい疾患は、悪性リンパ腫、手術筋肉腫や良性の腺腫などがあるのだそうですが、最終的には組織をとって顕微鏡で覗く病理検査をして確定診断とします。

腫瘍が大きくなるにつれ不均一な色調に

腫瘍ががんであることは、腫瘍部分の色調でもわかります。全体を見ると色の濃いところと淡いところ、その中間ぐらいのところがあるのがわかります。なにかゴツゴツとした塊を撮ったかのようで、これもがんに特徴的な画像です。

「GISTは腫瘍が小さいとCTの造影画像では比較的均一な色調なのですが、腫瘍が大きくなるにつれ、色調が不均一になってくるという特徴があります。
Lさんの検査画像はその典型ですね」(森山さん)

腫瘍がさらに大きくなり、消化管表面から内部に潰瘍を持つようになると、壊死した部分に消化管からガスが入ることもあり、その場合は、腫瘍の色調は一段と不均一になるのだそうです。

LさんはこのCT検査および他の検査をして、幸い、隣接する臓器への広がりがなく、遠隔転移も認められなかったので、手術によって腫瘍を切除することができました。


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!