• rate
  • rate
  • rate

肝転移を伴う胆嚢がん・CT検査
胆嚢壁の部分的な肥厚や転移巣の輪郭のギザギザに注目

監修:森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
取材・文:黒木要
発行:2008年3月
更新:2013年4月

  
森山紀之さん

もりやま のりゆき
1947年生まれ。1973年、千葉大学医学部卒業。米国メイヨークリニック客員医師等を経て、89年、国立がん研究センター放射線診断部医長、98年、同中央病院放射線診断部部長で、現在に至る。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発で通商産業大臣賞受賞、高松宮妃癌研究基金学術賞受賞。専門は腹部画像診断

患者プロフィール
50歳のJさん。半年ほど前から、腹痛と背中の痛みを覚えるようになり、不安になって受診。超音波検査によって、肝臓に腫瘍とおぼしき影が写った。国立がん研究センターを紹介され、CT検査を行ったところ、6センチ大の肝転移をともなう胆嚢がんが見つかった

超音波ですくいあげてCTで確認

CT画像

(A)の部分の輪郭がギザギザしているので他の臓器から肝臓に転移してできた腫瘍だとわかる

CT画像の解説イラスト

腹部超音波検査によって、肝臓に腫瘍らしきものが発見された場合、次はCT検査を行うのが一般的です。これには主として3つの目的があります。

「1つ目は腫瘍が実際にあるかどうか。2つ目は腫瘍が良性か悪性(がん)か。3つ目は腫瘍ががんの場合、周囲にどれほど広がっているか、すなわち手術が可能かどうか。この3点を確認するのです」(森山さん)

Jさんの検査画像(1)では、向かって左側に肝臓が大きく写っています。その上部、中央付近に円形の黒い影があります。

「その周囲の正常な肝臓とは明らかに色調が違い、腫瘍が存在することがわかります。大きさは約6センチです」

この腫瘍が良性か悪性かは、どうやって見分けるのでしょうか? 第1に腫瘍の形に注目して欲しい、と森山さんは言います。

「検査画像をよく見ると、腫瘍の辺縁(輪郭)がギザギザしています。とくに上部や向かって右側は顕著です。良性の腫瘍はほとんどが滑らかな円形なのですが、それとは対照的です」(森山さん)

この画像では、腫瘍ががんであることと同時に、転移性の腫瘍であることもわかるのだそうです。他の臓器にできたがんが、肝臓に転移してできた腫瘍であるというのです。

腫瘍の性質を確かめる

CT画像

肝臓下部の断面図 胆嚢の輪郭が部分的に太くなってることにより胆嚢が原発がんだとわかる

CT画像の解説イラスト

「それは腫瘍の辺縁に沿って見えている白い輪郭によってわかります。白い縁取りのようでもあります。転移性の肝がんは辺縁部分に線維化がある程度進んでおり、血流も豊富だという特徴があります。その部分はCTでは白く写るのです」(森山さん)

(1)の画像によって、肝臓内の腫瘍が転移性であることがわかりました。では、どこに原発がんがあるか、が問題となります。

その答えがすぐに見つかる点もCTのすぐれたところです。

(1)の検査画像は肝臓の上部の断面図ですが、(2)はそれよりほんの少し下がった箇所の断面図です。向かって左側、中央よりやや上方に胆嚢が写っており、ここに原発がんが存在していることが、この画像によって明らかになったのです。

胆嚢は肝臓で作られた胆汁が総胆管を通じて送られてきて、一時的に貯留しておく臓器です。肝臓に隣接しています。

「⇒で囲まれているのががんですが、その周囲より、やや黒っぽくて、がんであることをうかがわせます」(森山さん)

胆嚢の輪郭にも注目すべき特徴があるといいます。

「輪郭を示す黒い線が部分的に太くなっています。これは胆嚢の外壁が厚くなっていることを示し、胆嚢がんの特徴なのです」(森山さん)

胆嚢壁は、胆石ができて、繰り返し炎症が起こったりするときも厚くなりますが、その場合、全体的に厚くなるのだそうです。ところががんの場合は、部分的に厚くなって、そこに医師は着目するのです。

画像上の胆嚢の右上方は壁が崩れて輪郭が不明です。

「これは胆嚢がんが肝臓に入り込んでいることを表しています。→で囲まれている大小2個のボール状の影は、その結果としてできた転移巣を示しています」(森山さん)

(1)と(2)の2つの検査画像を見る限り、Jさんの胆嚢がんは相当進行しているようにも思えます。しかし、無事、胆嚢と肝臓の一部をとる手術を終えられたのだそうです。

CT画像は、手術の適応を判断するための重要な手がかりも表します。

「(1)の画像中央の大動脈、(2)の画像中央の下大静脈や門脈などの重要な血管は白っぽく写っており、がんが食い込んでいる様子はありません。それは転移が肝臓に止まっている可能性が高いことを示しています。胸部のCT検査など、他の検査でも転移の兆候はありませんでした。それらを総合して、手術という治療方針が決まったのです」(森山さん) Jさんは、退院後、ほぼ元通りの生活を送られているそうです。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!