• rate
  • rate
  • rate

あなたの「がん」は放射線治療に向いているのか 直腸がんに新たなトピックも!

監修●吉岡靖生 がん研究会有明病院放射線治療部長
取材・文●菊池亜希子
発行:2020年5月
更新:2020年5月

  

「直腸がんⅡ~Ⅲ期で、手術の前に化学放射線療法をしたら、それだけでがんが消失したというケースが3割ほど見られることが明らかになってきたのです」と語る
吉岡靖生さん

いまや、がん治療に欠かせない放射線治療。だが、その特性やメカニズム(作用機序)をきちんと理解して治療を受けているかといったら、首を傾げる人も多いのではないだろうか。放射線が体内でどのようにがんを攻撃するのか、放射線治療が得意とするがん種は何なのか。さらには、放射線治療における新たなトピックについて、がん研究会有明病院放射線治療部長の吉岡靖生さんに伺った。

がん細胞だけを叩くメカニズムとは

主治医に放射線治療を提案されたが気が進まない、手術を提案されたができれば切らずに治したい……など、患者1人ひとり、置かれた状況も考え方もさまざまだ。ただ、どんな状況にせよ、放射線治療が選択肢に上がったら「放射線治療を受けることで体の中に何が起きるのか」を知っておきたいと思うだろう。

そこで今回は、放射線治療のメカニズムと、どのようながんが放射線治療に向いているのかについて考えていきたい。

「放射線治療は、がん細胞の中のDNAを障害することで、がん細胞を死滅させる方法です」と、がん研究会有明病院放射線治療部長の吉岡靖生さんは説明する。

がん細胞は、体内の秩序を乱して勝手に増殖していく細胞である。そして放射線は、活発に分裂・増殖している未分化な細胞に、より強く影響を及ぼすという性質がある。つまり、正常細胞よりも分裂・増殖の激しいがん細胞のほうが、放射線の影響を強く受ける。言い換えると「がん細胞は放射線に弱い」のだ。

一方で、放射線を照射すると、がん細胞か正常細胞かにかかわらず、細胞核内の染色体の中に折りたたまれて入っているDNAが傷つく。正常細胞の場合、DNAが傷つくと、細胞が自力でDNAの傷を修復しようと動き始める。ところが、がん細胞は未熟な細胞のため、ほとんど修復しようとしないのだ。その性質を利用して、「正常細胞が自力で修復できる範囲内で放射線を照射し、がん細胞だけを叩く」

これが放射線治療というわけだ(図1)。

また、放射線治療は分割照射が基本だ。例えば、合計4Gy(グレイ)を照射する場合、4Gyを1度に照射するのではなく、2Gyを2日(2回)に分けて照射する。これはなぜだろうか。

「2Gyならば、正常組織は1日で修復することができるからです。がん細胞は未熟なので、そもそもDNAの傷をほぼ修復できず、2Gy照射したら、その分、死滅します。
つまり、がん細胞に関しては、4Gyを一度に照射しても、2Gyを2回に分けて合計4Gy照射しても、同じ効果が期待できるのです。ところが正常細胞は、4Gyを一度に照射されると、自力で修復できないほど深く傷ついてしまいかねない。だから、正常細胞が自力で修復することのできる線量を分けて照射するのです」

扁平上皮がんは放射線治療が有効?

よく「扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんは放射線治療が効く」と言われるが、実際はどうなのだろう。

扁平上皮がんとは、体の表面(皮膚)や、内部が空洞になっている臓器の内側の粘膜組織にできたがん。食道、気管、肺、子宮頸部などが扁平上皮だ。対して、腺がんは、体内の絨毛上の分泌腺にできたがんで、胃、大腸、肺、胆管などに発生する。肺がんは、扁平上皮がんも腺がんもある。

「傾向としては、放射線治療は扁平上皮がんに効果があると言えるでしょう。ただ、放射線治療の効果が高い子宮頸がんと食道がんが扁平上皮がんであること、逆に効果の低い胃がんと大腸がんが腺がんであることが、そのイメージに繋がっている面があるとも言えます。中には、腺がんでもよく効くものもあるのです。例えば、前立腺がんと乳がんは両方とも腺がんですが、放射線治療もよく効きます」

つまり、一概に「扁平上皮がんに効いて、腺がんには効かない」とは言い切れない。臨床的経験から、扁平上皮がんに効果が高い傾向はあるが、その限りではないのだ。

さらに、放射線治療には2つの使い方があるそうだ。

「放射線は非常に小さながんならば叩き切る力を持っているので、早期がんに対して根治(こんち)目的で照射します。これが1つ目の使い方。2つ目は、緩和目的での照射。昔から放射線治療は手術ができない場合に選択されることが多く、その場合、やや大きいがんに照射されることになります。この場合、根治率は低くなりますが、がんを小さくして、症状を緩和することが期待できます」

確かに、放射線治療は手術ができない場合の選択肢といったイメージが根強い。しかし、本来、放射線治療は非常に小さいがんに対してこそ根治させる威力を持つ治療法。つまり、早期にこそ、その力を存分に発揮し得る治療法と言っても過言ではないことを強調したい。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!