• rate
  • rate
  • rate

転移してもがんを切除できれば完治することも!
大腸がん丸わかり完全図解

監修:吉田和彦 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター副院長 外科学講座教授
取材:「がんサポート」編集部
発行:2012年2月
更新:2013年4月

  
吉田和彦さん 大腸がんは転移してもがんを切除できれば治癒することもあると話す
吉田和彦さん

最近、とくに増えている大腸がん。亡くなる方もこの数10年で10倍近くに増えています。ただし、恐れることなかれ!大腸がんは様々な治療法があり、がんと共存しながら生活を送っている人も増えています。ここでは大腸がんの基本について解説します。

Q 大腸って体のどこにあるの? どんな働きをしてるの?

大腸って体のどこにあるの? どんな働きをしてるの?
大腸は盲腸から始まり、肛門まで続く、長さ1~2mの臓器。ピンク色っぽい色をしている。働きは、主に①水分の吸収(右側部分)②便の貯留(左側部分)の2つ。

Q 大腸がんは増えてるの?

大腸がんは増えてるの?

大腸がん(結腸がんと直腸がん)に罹る人はとくに増えています。大腸がんで亡くなる方もこの半世紀でおよそ10倍に増えています。

Q なぜ増えているの?

なぜ増えているの?

1番の原因は食生活の変化と考えられています。食生活が欧米化し、肉類が多くなる一方、繊維質をとる量が少なくなったことが、増加の原因と考えられています。

Q 大腸がんの特徴は?

切除することによって、治る可能性があります

①他のがんと比べて、進行がゆっくりしていることが特徴です。そのため、大腸がんが肝臓や肺に転移しても、転移した部分を切除することによって、治る可能性があります。


[大腸がんに対する薬物療法の進歩(最近10年間)]
大腸がんに対する薬物療法の進歩(最近10年間)

②以前は抗がん剤が効きにくいがんの1つとされてきた大腸がん。しかし最近では、新たな抗がん剤や分子標的薬が出てきて、他のがんと比べて、薬が効きやすいがんとなってきました。

IFL=イリノテカン+フルオロウラシル+ホリナートカルシウム
FOLFIRI=フルオロウラシル+ホリナートカルシウム+イリノテカン
FOLFOX=フルオロウラシル+ホリナートカルシウム+オキサリプラチン

Q 大腸がんの初期症状は?

初期症状としては、貧血や、腫瘤、便の異常など 大腸がんの初期症状は?
初期症状としては、貧血や、腫瘤(しこり)、便の異常(血便、便秘・下痢)などが現れます。ただし、初期症状に気づかないことも多く、見つかったときにはすでにがんが進行していたというケースも多いです。

Q 大腸がんではどんな検査するの?

大腸がんではどんな検査するの?


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!