• rate
  • rate
  • rate

ピロリ菌を除菌することのメリット・デメリットは? ここまでわかった「胃がんの原因は本当にピロリ菌?」

監修●神谷 茂 杏林大学医学部感染症学教授
取材・文●斉藤勝司
発行:2010年8月
更新:2019年8月

  
神谷 茂さん
杏林大学医学部
感染症学教授の
神谷 茂さん

胃がんの原因として話題を呼んだヘリコバクター・ピロリ、いわゆるピロリ菌は、本当に胃がんの原因なのだろうか。除菌はしたほうがいいのだろうか。胃がんとピロリ菌をめぐって、現在どこまでわかっているかを調べてみた。


感染したからといって胃がんになるわけではない

ピロリ菌の顕微鏡写真
ピロリ菌の顕微鏡写真

私たちの胃や腸には多くの細菌が生息しており、多くは病原性がなく、消化を助けるなどの有用な働きを持っています。ところが、胃の粘膜に生息するピロリ菌は、胃炎をはじめ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの様々な病気を引き起こすと問題視されています。

現在、世界で約半数がピロリ菌の感染者だと考えられ、日本では約6千万人が感染しているとされています。とくに50歳以上に感染者が多く、60~70パーセントが感染者であるとする調査結果もあります。

日本では毎年20万人から25万人が新たに胃がんと診断されています。6千万人がピロリ菌に感染しているのに、25万人しか胃がんにならないのであれば、ピロリ菌と胃がんの関係を疑問視する声が上がるのもしかたがないのかもしれません。ピロリ菌に詳しい杏林大学医学部教授の神谷茂さんはこう説明してくれました。

[日本人のピロリ菌感染率の過去と将来予測]

図:日本人のピロリ菌感染率の過去と将来予測

ピロリ菌感染者は、若い世代では少なくなっている
出典:日本ヘリコバクター学会「市民の方のためのピロリ菌解説」

 

「ピロリ菌に感染しているからといって、高い確率で胃がんになるわけではありませんが、疫学研究により、胃がん患者の胃粘膜に高頻度にピロリ菌が確認されています。発がんメカニズムはまだ明らかになっていませんが、ピロリ菌が産生するタンパク質(CagAというタンパク質)を胃の粘膜細胞に注入しがんを誘発するのではないかとの仮説が提唱されています」

ピロリ菌が産生する毒素(VacAタンパク質)には胃粘膜の免疫を弱める働きがあるとの指摘もあり、間接的に胃がんの発症を促進するとも考えられているのです。

[ピロリ菌が胃粘膜にもたらす悪影響の仕組み]
図:ピロリ菌が胃粘膜にもたらす悪影響の仕組み
ピロリ菌は産生するタンパク質(CagA)を胃の粘膜に注入しがんを誘発するのではないかと考えられている

ピロリ菌感染を確実発がん因子とWHOが認定

胃の細胞に付着しているピロリ菌
胃の細胞に付着しているピロリ菌

1994年、ピロリ菌感染は胃がんの確実発がん因子であると世界保健機関(WHO)によって認定されました。最高の危険性を示す「グループ1」に分類されました。強力な発がん性で知られるタバコやアスベストと同じ分類です。神谷さんはこう続けます。

「ピロリ菌による感染が進むと萎縮性胃炎になります。病理学の見地からは、萎縮性胃炎は、前がん病変と考えられています。また、粘膜上皮細胞ががん化する胃がんに加え、胃のリンパ節にがんができる胃MALTリンパ腫もピロリ菌の関連が疑われています。胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こすという問題もありますから、ピロリ菌に感染しているなら、除菌することをお勧めします」

[ピロリ菌除去後の胃がんの発生率]

図:ピロリ菌除去後の胃がんの発生率

ピロリ菌を除去することで、胃がんの発生率を3分の1に抑えることができた
出典:日本ヘリコバクター学会「市民の方のためのピロリ菌解説」


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!