• rate
  • rate
  • rate

患者のためのがんの薬事典

フェマーラ(一般名:レトロゾール)
閉経後乳がんに効果を発揮する、新しい「アロマターゼ阻害剤」

監修:畠清彦 癌研有明病院化学療法科部長
発行:2007年3月
更新:2014年2月

  
写真:フェマーラ(一般名レトロゾール)

現在の乳がんの薬物療法においては、ホルモン療法が重要な役割を担っています。
フェマーラは、日本では2006年に承認されたホルモン剤で、アリミデックス、アロマシンに続く新しい「アロマターゼ阻害剤」として、手術後の補助療法、進行・再発乳がんの治療において大きな期待が持たれています。

乳がん治療の有効な選択肢、ホルモン療法

現在、乳がんに対する薬物療法の1つとして、ホルモン療法が広く行われています。手術後の再発・転移の予防や、進行・再発乳がんに対する治療などに用いられ、フェマーラは、そのホルモン剤の1種で、日本国内では2006年に承認された新しい薬です。海外では1996年より乳がん治療薬として用いられ、優良な成績をあげてきており、現在、約100カ国で承認されています。

まず、ホルモン療法とは何かを簡単に解説します。

ホルモン療法が適応になる条件としては、女性ホルモンを取り込む「受容体」を持った(ホルモン感受性という)乳がんであることが挙げられます。これは、エストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンの影響を受けてがん細胞の分裂・増殖が促進される性質を持った乳がんで、乳がん患者の約6~7割程度に感受性があると言われています。

ホルモン療法は、この女性ホルモンががん細胞に影響するのを防ぐことを目的として行われます。

乳がんに用いられるホルモン剤にはいくつかの種類があり、閉経前か閉経後かによって使われる薬は異なります。閉経前では、リュープリン(一般名リュープロレリン)、ゾラデックス(一般名ゴセレリン)といった「LH-RHアゴニスト製剤」、閉経後は、「アロマターゼ阻害剤」のアリミデックス(一般名アナストロゾール)、アロマシン(一般名エキセメスタン)、フェマーラが用いられています。タモキシフェン(一般名ノルバデックス)などの「抗エストロゲン剤」は、閉経前後どちらにも使えます。

抗エストロゲン剤は、エストロゲンの受容体を塞ぐことでエストロゲンががん細胞に作用するのを防ぐ働きがあります。また、閉経前は主に卵巣からエストロゲンが分泌されますが、LH-RHアゴニスト製剤は、LH-RHというホルモンの働きを妨げることで、卵巣からのエストロゲン分泌を抑えます。

これに対し、アロマターゼ阻害剤は、エストロゲンをつくるアロマターゼという酵素を抑える働きがあります。閉経後は、副腎で作られる男性ホルモンであるアンドロゲンが、アロマターゼによってエストロゲンに変換され、エストロゲン受容体と結合してがん細胞が増殖します。そこで、アロマターゼの働きを阻害してエストロゲンに変換できなくすることが狙いです。

閉経後ホルモン療法の標準薬、アロマターゼ阻害剤

[フェマーラに関する国内臨床試験の結果]
(閉経後進行再発乳がん患者を対象)

奏効率(CR+PR) 23.9%(21/88例)
クリニカルベネフィット率
(CR + PR + 24週以上のNC)
43.2%(38/88例)
転移病巣部位別奏効率
内臓 22.9%(35/88例)
15.0%(20/88例)
軟部組織 30.3%(33/88例)
※病勢進行までの期間(TTP)の中央値は187日
CR(著効)、PR(有効)、NC(不変)

従来、乳がんのホルモン療法では、タモキシフェンをはじめとした抗エストロゲン剤が標準的な薬剤として用いられてきていました。術後補助療法としては、再発率が50パーセント以下に減少するといったデータも出るなど、有効性が確認されていましたが、近年、アロマターゼ阻害剤がこれを上回る成績をあげており、閉経後のホルモン療法の第1選択となりつつあります。

また、タモキシフェンは、術後の再発予防として5年以上治療を継続する有用性は証明されていません。そのため、5年間タモキシフェンを投与した時点で治療は終了となり、その後の補助療法は行われてきませんでした。しかしながら、タモキシフェンを5年服用した乳がん患者を対象とした調査では、5年治療後も再発の可能性があると報告されています。フェマーラは、手術直後から投与した場合でも、タモキシフェンによる術後補助療法が終了した後に使う場合でも、ともに再発リスクを効果的に減少させることが証明されています。海外で行われた臨床試験では、手術直後から投与した術後補助療法では、フェマーラ群はタモキシフェン群と比較して再発のリスクを19パーセント低下させるとの結果が出ています。5年時点での無病生存率はフェマーラ群で84パーセント、タモキシフェン群で81.4パーセントでした。また、腋窩リンパ節転移陽性例で29パーセント、遠隔再発については27パーセント、それぞれ再発リスクが低下しています。

タモキシフェンによる術後補助療法が終了した患者を対象とした別の試験では、プラシーボ群(無治療群)と比較し、再発のリスクを42パーセント低下させ、4年時点での無病生存率はフェマーラ群で94.4パーセント、プラシーボ群で89.8パーセントとの数字が示されています。

さらに、タモキシフェン治療終了後に数年間の無治療期間があった患者においても、レトロゾールによる治療は再発のリスクを低下させることが明らかとなっています。

今後も広がる乳がんホルモン療法

ホルモン剤は、通常の抗がん剤と比べて副作用が軽く、長期間安定した投与が続けられるという利点があります。しかし、副作用がないわけではなく、ホルモンに作用するという性格上、更年期障害のような症状が現れることがあります。

主な症状は、ほてり、頭痛、関節痛、吐き気、発汗、発疹、かゆみ、めまいなどです。長期に飲み続けていると骨がもろくなる、骨粗鬆症が起こることもあります。 その他、頻度は高くありませんが、とくに注意が必要な副作用として、肺塞栓症、脳梗塞、動脈血栓症、血栓性静脈炎、心筋梗塞などが報告されています。

他のアロマターゼ阻害剤と比べると、フェマーラはより効きが早く、また、リンパ節転移がある場合や、抗がん剤治療を受けたことがある症例に対して高い効果を上げやすいとの報告があります。

アリミデックス、アロマシンに続き、アロマターゼ阻害剤として新しくフェマーラが承認されたことにより、乳がんのホルモン療法の選択の幅はより広がり、ホルモン療法におけるアロマターゼ阻害剤の役割は、今後も大きくなると思われます。


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!