1. ホーム > 
  2. 暮らし > 
  3. 運動 > 
  4. ヨガ
 

マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ! 第53回 秋深き隣は何をする人ぞ<やさしいコブラのポーズ>

森川那智子 こころとからだクリニカセンター所長
発行:2022年10月
更新:2022年10月

  

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。『なんにもしたくない!』(すばる舎)『リラックスヨガ』(成美堂出版)『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社)など著書多数

夜中にふっと目が覚め、夏掛けでは肌寒いことに気づき、だからといって布団を探したりするとすっかり目が覚めてしまう。ここはもう、夏掛けをしっかり体に巻きつけ眠ろう。

季節が変わるというのはすごいことだ。

秋深き 隣は何を する人ぞ

近年、日本の亜熱帯化が進み、春や秋は短くなる一方です。

瞬く間に過ぎていく秋だからだろうか、芭蕉のこの句が身にしみます。

芭蕉は出席するつもりだった句会に体調不良で行けなくなり、届けさせた句だということです。

「秋深し」か「秋深き」か、うろ覚えだったのでネットで確認したら、後者でした。「秋深き」のほうが、きりっとした秋の空気を感じさせるような気がします。

俳句のことなど右も左もわからないながら、心にくいこんでくるような、いろいろ思いめぐらせたくなる句です。

人恋しさをほのめかすようにも感じられたりします。

お隣さんは何をしてるか、こっそりのぞきたいような、いやいやそこまではと、ひとりで可笑しがっているのを想像したりもします。

隣りは隣で、自分ではない。自分とは隔たりがあるということのなのか。近くにいても、何を思い、何をしてるのか定かではないという寂寥感を感じさせたり。

読むときどきで違った感慨を覚えます。今ではうちの中でもLINEでやりとりしていると聞き、びっくりします。

それから半月ばかりで芭蕉は亡くなっています。体調不良は赤痢が原因だったようです。

今年はお別れが多い年でした。まだ秋なのに、いえいえ夏も終わり切った感じもしないうちに、「今年は」などというのはやめておきましょう。

冷えを感じたら

秋が深まり冷えを感じたら、首のまわりを温めるのが一番手っ取り早く体を温める方法です。暑いときに熱中症対策もかねて、まず首を冷やすのがいいというのと同じです。

お腹や腰を温めるのも良い方法です。

でも背中の、骨盤のすぐ上、下背部に掌を当てると、じんわりと温かさが広がって、逆にそこが冷えていたことを知ります。

そこで <やさしいコブラのポーズ> です。

「隣り」はコブラになっている……では、まるで夏の怪談噺ですが、気持ちがいいので秋にこそ試していただきたい。代謝が良くなり、食べすぎを自覚したら、このポーズを行うことで、体重調節にもお勧めです。

<やさしいコブラのポーズ>

 

(初めに)このポーズの完成形で、注意集中してほしい場所(下背部)に掌を当てて、確認しましょう。両手を背中に回し、指先を下に向けて、掌を背骨の両脇に当てます。
肩関節が固いと難しいかもしれませんが、両掌を当てると、その温かさが下背部に伝わり、掌の下にある腎臓の血流が整えられて、気持ちよくなります。
①うつ伏せになり、両肘を肩幅にマットにつけます。上腕が床に直角なるように、肘の位置を調整します(うつ伏せで本を読んでいるときにしがちな体勢)
②腹部をぴったりとマットにつけ、両脚の内側を寄せて、十分に伸ばします。
左右の足の内くるぶしを合わせ、足の甲、つま先まで十分に伸ばします
③息を吐いて、お腹を平らにして、肛門を軽く閉じます
④普通にしていると顔は下を向いていますから、吸いながら、顎を前に伸ばし顔を上げ、肘で軽くマットを押して、背筋を使って背中を起こし、胸、喉を伸ばし、目は上方を見るようにします。そして注意を先ほど手を当てた場所(下背部)に注意集中して、静かに8~10呼吸
⑤静かに上体をおろし、両足を緩めて、手を重ねた上に額をのせくつろぎます。
下背部に注意を向けたゆったりした呼吸――吐く息でその部分を沈め、吸う息で幾分その部分を持ち上げるつもりでゆっくり4呼吸します。2セット

 

がんサバイバーやそのご家族でヨガのご体験がありましたら、ぜひ体験記などをお寄せください。kokokara@center.email.ne.jp

こころとからだクリニカセンター
PC www.kokokara.co.jp/
携帯 www.kokokara.co.jp/m/

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!