1. ホーム > 
  2. 暮らし > 
  3. 運動 > 
  4. ヨガ
 

森川那智子のゆるるんヨガ de ほっ!

ゆるゆるセルフケア!(51)「顔ヨガ」

イラスト●星奈レイ
発行:2012年2月
更新:2013年8月

  

森川那智子(もりかわ なちこ)
こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。
『こころがラクになる本』(大和書房)
『リラックスヨガ』(成美堂出版)など
著書多数こころとからだクリニカセンター http://www.kokokara.co.jp/

顔ヨガで5歳若くなる

目玉を大きく左右に動かす① 両腕を正面前方に伸ばし、人差し指を立てる。視線は正面前方に向け、両腕をゆっくり、視界の左右の隅に人差し指が消えかかるところまで開く。ゆっくり息を吸いながら、目をしっかり見開く。

わたしの父は秋田出身です。

大きな声で歌うことが健康にいいと思ったのか、それとも単に歌が好きだったのか、毎日のように朗々と「椰子の実」の歌などを歌っていました。

私自身は東京生まれの東京育ちなのに、わかる人にはルーツは東北だとわかるようです。

発声がいくらかくぐもっているらしいからです。

雪深い地域では、口数も少なく口もあまり開けずにしゃべると聞いたことがあります。

② 息を吐きながら、ゆっくりと目玉だけを動かし、左人差し指を見る。吸いながら①に戻し、吐きながら目を閉じる。息を吸いながらしっかり目を見開き、今度は右に。以上を4回繰り返す。

その発声のお陰で、やわらかいリラックスした感じの声質になり、カウンセリングやヨガ指導ではありがたいのです。

しかし、檄を飛ばすとか奮い立たせるとかには向いないでしょうね。

今回は、寒さでこわばったほっぺたや目の周り、口の周りの筋肉をほぐし、表情を生き生きとよみがえらせる顔ヨガをとりあげます。

顔ヨガの考案者柳瀬けい子さんは優れたヨガ指導家であり、古くから親しくさせていただいていますが、若々しい人です。

顔ライオンのポーズ① 鏡に向かって、目を大きく見開き顎関節を緩め、舌を根元からだら~んと大きく出す。

そんな彼女に触発されて、目や口の周りの張りつやを取り戻すことに焦点を当てて、ヨガポーズを紹介します。

「目玉を大きく左右に動かすポーズ」と 「顔ライオンのポーズ」では、目をしっかり見開きます。

そう言うと眉をぐいぐい上に持ち上げて、額に横ジワを寄せ「孫悟空か」といいたくなる人がいます。

そうではなく眉間を広げるつもりで目を斜め上、横、下まぶたも動員して大きく見開くように行います。

② 息を吸いながら目線を上方に向け、吐きながら口角を両こめかみの方向をイメージして引き上げる。舌を入れ、口と目を閉じて息を吸いながら顔をリラックス。これを4回。

おでこに掌を当てて目を大きく見開こうとすると、 この感じがわかると思います。

まぶたの筋肉がたるみ、目が疲れる、まぶたを持ち上げるのがスムーズにいかないという悩み(眼瞼下垂といいます)を最近よく聞きます。

ある程度は加齢によるものですが、目の酷使もこれを加速させます。

ですから、パソコンを控えたり、コンタクトレンズをメガネに変えるのも予防策になります。

掌アイマスク① 掌に温かさを感じるまで両掌をこすり合わせる。

きわめつけのお勧めは「掌アイマスク」です。

掌のくぼみをまぶたのふくらみに合わせ、目の周辺を掌の自然な温かさでじわーっと温めます。

目が休まり、とても気持ちがいくなります。

こ のとき姿勢にも少し気を配り、左右の座骨が座面にしっかり均等についているのを確かめます。

すると骨盤が安定して背筋がすーっと伸びます。

② 掌をまぶたにふたをするようにそっとのせ、静かにゆったりと呼吸。30秒~1分。仰向けに寝て、両膝をたてた楽な姿勢で行ってもOK。

首や肩から余分 な力を抜いて、吐く息をゆっくりと長く、吸う息は自然に入ってくる分だけ、というふうにして呼吸してください。

自然と腹式呼吸になり、リラックス効果がさら に高まります。

最近はオフィスでも家庭でもトイレ環境が良くなっています。

トイレに行くごとに掌マスクで10呼吸してみてください。

目の疲れだけじゃなく、ストレス症状の改善につながります。

目玉を大きく左右に動かす

① 両腕を正面前方に伸ばし、人差し指を立てます。視線を正面前方に向けたまま、両腕をゆっくり開いていき、視界の左右の隅に人差し指が消えかかるところまで開きましょう。ゆっくり息を吸いながら、目をしっかり見開きます。

② 息を吐きながら、顔面は正面に向けたままゆっくりと目玉を動かし、左人差し指を見ましょう。吸いながら①に戻し、吐きながら目を閉じます。息を吸いながらしっかり目を見開き、今度は右に向けます。以上を4回繰り返します。

顔ライオンのポーズ

① 鏡に向かって、目を大きく見開き顎関節を緩め、舌を根元からだら~んと大きく出しましょう。

② 息を吸いながら目線を上方に向け、吐きながら口角を両こめかみの方向をイメージして引き上げます。舌を入れ、口と目を閉じて息を吸いながら顔面をリラックスします。これを4回行います。

掌アイマスク

① 掌に温かさを感じるまで両掌を何度もこすり合わせます。

② 掌でまぶたにふたをするようにそっとのせ、静かにゆったりと呼吸します。30秒~1分続けます。仰向けに寝て、両膝をたてた楽な姿勢で行っても、とても気持ちよく、目や目の周辺の疲労を和らげてくれます。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!