肝っ玉弁護士がんのトラブル解決します 29

新興宗教に誘われ入信。お金がかかるのでやめたい

解決人 渥美雅子(あつみ まさこ) 弁護士
イラスト●小田切ヒサヒト
発行:2012年3月
更新:2014年3月

  

多彩な弁護士活動の中でも家族、相続などの問題を得意とする。2003年より「女性と仕事の未来館」館長。2児の母。2005年男女共同参画社会作り功労者内閣総理大臣表彰を受賞。『子宮癌のおかげです』(工作舎)など著書多数。
渥美雅子法律事務所 TEL:043-224-2624


乳がんが見つかりすごく落ち込んでいたとき、新興宗教の勧誘を受けました。話を聞いてくれるし、心が弱っていたので入信しました。しかし、毎月5000円を払い続けないといけないことを知りやめたいのですが、やめたら「がんが悪化して死ぬ」「抗がん剤が効かなくなる」、しまいには「地獄に落ちる」とまで言われました。正直、怖くてやめられません。どうすればよいでしょうか?

(45歳、女性)

1人で抱え込まない。「第3者」に助けを求める

あなたが自分の力でその教団から脱会するのは無理だろうと思います。ここは誰か他の人に脱会交渉をしてもらうほうが良いでしょう。弁護士を頼むもよし、友人、知人、親戚などからしっかりとした交渉能力のありそうな人を選ぶもよし、とにかく「第3者」といえる人に任せるほうがよさそうです。

無論、あなた自身で退会申出書を書き、それを先方に送りつけてもかまいません。何なら内容証明郵便で送りつけてもいいです。ただ、それを受け取ったとき、先方は今までよりももっと強硬に脅しをかけてくると思います。

例えば「そんな事をすれば末代まで祟りがある」とか「親戚縁者にも類が及ぶ」とか、あなたの不幸がさらに拡大していくかの如き脅しをかけてくるかもしれません。そのとき、あなたはその脅しに耐えられますか。おそらく今までよりも、もっと深く落ち込んでしまうでしょう。

一方、そんな脅しが許されるのかといえば、程度問題ではありますが、ときにはストーカー規制法違反になるし、ときには刑法の脅迫罪や強要罪にもなります。

警察に被害届を出して取り締まってもらうこともできます。ただ、こちらがそういう対応をするにつけても冷静に強い気持ちでいなければなりません。あなたは今、とても心が弱っていて、誰かにすがりたい誰かに助けてもらいたいという気持ちでいっぱいでしょうし、自分自身で警察に被害届を出し、相手と戦っていくということは到底できないだろうと思います。

失礼があったらすみません。でも病気のときは気も弱くなるし、力も出なくなります。普段の半分も力がでません。だから無理をしないほうがいいと思うのです。それ故、教団との交渉は誰かに任せて、あなたは病気を治すことに専念なさるようお勧めします。

それにしてもついその教団に誘い込まれたというのは、他に悩みを打ち明ける人、あなたの話を聞いてくれそうな人が身近にいないからでしょうか。もしそうな ら下記のグループ等に連絡を取ってみたらどうでしょう。同病相憐れむ、同じ悩みを持つ者同士、痛みも分かち合えるし、病気を経験した上での生活のノウハウ など教わることも多いと思います。

人間は生身です。病気は誰でもなる者、心がけが良くても悪くてもなるときはなるものです。でも治せば治るものです。あなたは、まずあなたの身体そのものが持っている力を信じるべきです。

『NPO法人 女性特有のガンのサポートグループ オレンジティ』事務局

TEL:090-7434-2002(9:00~20:00)
   070-6569-9438(9:00~20:00)
FAX:0557-85-5571
E-mail:ot@o-tea.org URL :http://o-tea.org/
〒413-8799 静岡県熱海郵便局私書箱34号

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!