血尿が出たが、膀胱がんか

回答者●古賀文隆
がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長
発行:2021年6月
更新:2021年6月

  

検診で血尿を指摘され、超音波検査で調べましたが、異常は認められませんでした。血尿の原因はなんでしょうか。膀胱がんの前兆でしょうか。排尿するたびに血尿が出ないか心配でなりません。

(55歳 男性 千葉県)

目で見てわかる血尿なら、すぐに受診を

がん・感染症センター都立駒込病院
腎泌尿器外科部長の古賀文隆さん

検診で指摘される血尿の多くは、病的意義のない良性の血尿です。腎臓は血液を濾過して尿を産生する臓器ですが、その濾過装置の網目の隙間から尿中にこし出された赤血球が、良性血尿の原因と考えられます。

血尿の原因として挙げられる疾患には、尿路結石や膀胱がんなどがあります。とくに喫煙歴のある40~50歳台以上の男性では膀胱がんのリスクが高いことが知られています。

検診血尿の2次検査として、尿細胞診や超音波検査、必要に応じて造影CTや膀胱鏡を行います。相談者の場合、2次検査で異常を指摘されなかったとのことですので、毎年検診を受けることと、目で見てわかる血尿に気づけば、すぐに泌尿器科を受診することが重要です。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!