脳壊死で浮腫も出たが

回答者●久保田 馨
日本医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学分野教授
発行:2022年5月
更新:2022年5月

  

肺腺がんで脳転移がありました。ガンマナイフで治療しましたが、1年後に脳壊死になり、浮腫も出ました。現在、浮腫は小さくなりましたが、壊死細胞はそのままです。脳外科の医師はこのまま様子見と言っていますが、他に治療法はないものでしょうか。

(45歳 男性 福岡県)

アバスチン投与の検討を

日本医科大学大学院医学研究科
呼吸器内科学分野教授の久保田さん

放射線治療後の脳壊死に対して、アバスチン(一般名ベバシズマブ)の有効性を検討する臨床試験がいくつか行われ、その有効性が示されています。脳浮腫によく用いられるステロイドよりも効果が高いことが報告されています。

脳外科医または肺がん治療を担当されている医師にご相談ください。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!