1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 乳がん > 
  4. 乳がん

がん相談

乳がん

手術を拒否。増感剤を併用した放射線照射とはどのような治療法か

2016年5月

妻(47歳)の右乳房に7cmほどのがんが見つかり、主治医からは手術を勧められましたが、本人は手術を拒否しています。他に治療法はないかと色々調べていたところ、増感剤を併用した放射線治療があることを知りました。これはどのような治療法になるのでしょうか。また、どの位の効果が見込まれるのでしょうか。(52歳 男性 兵庫県)A まずは標準治療を。もし増感剤併用の放射線治療を行うのなら、全身療法は必須苑田会放...

詳細はこちら

シリコン・インプラント挿入後に放射線照射をしたほうがよいか?

2016年5月

昨年(2015年)乳がんと診断され、抗がん薬治療ののちに、乳房全摘手術と同時に乳房再建のためにティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)を入れ、外来に通院して膨らませています。その後、シリコン・インプラントに入れ替える予定でしたが、腋の下のリンパ節に転移が4個も見つかり、主治医からすぐにでも放射線治療を行う必要があると言われました。ところが形成外科医からはエキスパンダーを入れた状態で照射すると、感染...

詳細はこちら

Ki-67の数値が高い。ホルモン療法でよいか

2015年11月

右乳房のがんを乳房温存術で切除しました。がんの大きさは1.5㎝、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体(ER)80%、プロゲステロン受容体(PgR)80%で、Ki-67は40~50%でした。主治医から、ホルモン療法がよく効くタイプなので、術後の治療では抗がん薬の上乗せはせず、*リュープリンと*タモキシフェンの補助療法を行うと言われたのですが、Ki-67の値が高いことが気がかりです。ホルモン療法だけで...

詳細はこちら

断端陽性だった場合、再手術は必要か

2015年11月

今年(2015年)の8月に乳房温存術を受けました。がんの大きさは1.4㎝、リンパ節転移なし、ER100%、PgR100%、HER2陰性、断端陽性で乳管内進展で3カ所あり、すべて非浸潤がんで断端から5㎜以内の場所にあるとのこと。主治医は術後の補助療法として、再手術は行わず、ホルモン療法と放射線の追加照射を行うとのことです。再手術をしなくても、再発を防げるのでしょうか。(55歳 女性 千葉県)A 断端...

詳細はこちら

炎症性乳がんと診断。悪性度と治療法が心配

2015年11月

左胸の周りにチクチクした痛みを感じ、鏡を見ると乳房がうっすらと赤くなっていました。乳腺専門病院を受診し、組織検査の結果、炎症性乳がんと診断されました。炎症性乳がんはほかの乳がんのタイプよりも悪性度が高いと聞きましたが、どのような治療法になるのでしょうか。(67歳 女性 東京都)A 手術が可能なら全摘術に。再発予防の治療も必須板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さん炎症性乳がんは乳がん全体の1%ほどで...

詳細はこちら

手術の傷口が炎症して、放射線治療が始められなくて不安

2015年9月

左胸に1.5㎝の乳がんが見つかり、2カ月前に乳房温存手術を受けました。術後、放射線治療を行い、その後ホルモン療法を行う予定でしたが、手術による傷口が炎症を起こし、腫れあがってしまい、未だに放射線治療を始められていません。放射線治療をすぐに行わなくて大丈夫でしょうか。(71歳 女性 北海道)A 手術後5カ月を超えなければいい。ホルモン療法を先行して行うことを勧める苑田会放射線クリニック副院長の関口建...

詳細はこちら

加速乳房部分照射を受けたい。どんな治療法か

2015年9月

右乳房に大きさ3㎝のがんが見つかりました。主治医から乳房温存手術を行い、その後放射線照射を行う旨説明があったのですが、放射線治療で1カ月以上、毎日病院に通う必要があると聞いて悩んでいます。小学生の子どもが2人おり、働いてもいるので通院に時間を割くことができるか不安です。色々調べると、放射線治療として加速乳房部分照射という方法があり、治療期間を短縮できると知りました。どのような治療法ですか。可能なら...

詳細はこちら

できればリンパ節郭清はしたくないが……

2015年8月

乳がんと診断され、がんの大きさは約3cm。超音波検査で腋窩リンパ節への転移があるようだと言われました。術前化学療法を受けることになりましたが、もし化学療法のあとリンパ節転移がなけなれば、リンパ節郭清はしなくてもよいのでしょうか。できればリンパ節郭清は避けたいと考えています。(53歳 女性 静岡県)A センチネルリンパ節生検が陰性なら郭清しなくてよいとされるが、データは不十分板橋中央総合病院外科医師...

詳細はこちら

非浸潤性小葉がんは経過観察でいい?

2014年6月

妻(52歳)が、エコー検査やマンモグラフィなどの検査で、胸にあやしい影が見つかり、針生検の結果、非浸潤性小葉がん(LCIS)と診断されました。主治医からは経過観察を勧められています。治療をせずに経過観察をするのは心配だと妻は言っています。医師の指示通り経過観察をしていいのでしょうか。(56歳 男性 長崎県)A 経過観察をしながら、将来の乳がん発症に注意を!板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さん非浸...

詳細はこちら

ルミナルAでリンパ節転移あり。抗がん薬治療も必要?

2014年6月

3月に温存手術を受けました。がんの大きさは3.5㎝ほど、サブタイプはルミナルAでした。手術中のセンチネルリンパ節生検で陽性が出たため、左脇のリンパ節を郭清しました。現在病理検査の結果を待っているのですが、もしリンパ節に転移が多かった場合は、抗がん薬治療となるのでしょうか。(54歳 女性 和歌山県)A リンパ節転移が3個以下なら 抗がん薬の省略も可能板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さんルミナルAと...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!