1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 肺がん > 
  4. 肺がん

がん相談

肺がん

肺の上部にすりガラス状の病変。様子を見て大丈夫か

2010年4月

左肺上部に8ミリのすりガラス状の病変が確認されました。医師からは炎症の可能性もあるので、様子を見ましょうと言われましたが、もしがんならば、早く治療したほうがよいのではと不安です。このまま様子を見ていて大丈夫でしょうか。(静岡県 男性 57歳)A まずは3カ月後にCT検査を受けるとよいすりガラス陰影は炎症、がん、あるいは前がん病変の可能性があります。ただし、がんであっても、通常は比較的ゆっくり育ちま...

詳細はこちら

左肺に陰影。上昇するSUV値をどう考えればよいか

2010年2月

症状の経過は08年3月初め、左肺にすりガラス状4ミリの陰影発見。08年12月下旬、陰影が7ミリに白色化。09年3月初め、PET-CT検査で1センチの陰影、SUV値0.1。09年9月初め、PET-CTで1センチの陰影、転移なし、腹水なし。SUV値1.5です。別の雑誌で、「SUV値は2.5以上の場合、肺がんの可能性が高い」との記載がありました。陰影の大きさは1センチと変わっていませんが、SUV値が徐々...

詳細はこちら

区域切除で1A期の肺がんは完治するか

2009年12月

右の肺の上部にがんがあると言われました。1A期の肺がんで、がんの大きさは約1.5センチです。一般的には、右肺の上葉をすべて切除するそうですが、がんが小さいため、区域切除という縮小手術を提案されています。この手術法で十分治ると考えてよいのでしょうか。また、本などで調べてみると、病変のあたりを区域切除よりもさらに小さく切除する縮小手術もあるようですが、この方法は私に適応できないものでしょうか。(北海道...

詳細はこちら

0期の肺がん。放射線治療とPDTどちらがよいか

2009年10月

血痰が出たため、病院を受診しました。気管支鏡検査を受けると、0期の肺がんと診断されました。がんの直径は約1センチで、がんは右肺の入口の気管支の粘膜内にとどまっているそうです。外照射の放射線治療を勧められていますが、本などを見ると、早期の肺がんにはPDT(光線力学的治療)も適用になると書かれています。主治医に聞いたところ、「当院ではPDTはやっていない」といわれましたが、PDTで治るのなら、これを受...

詳細はこちら

ガンマナイフ治療を行った脳に再発の場合、再治療は可能か?

2009年8月

夫(62歳)のことで相談します。肺がんからの脳転移で、2カ月前にガンマナイフによる治療を受けました。主治医からは、画像上、脳のがんは消えていると説明されましたが、再発率が高いと言われました。脳の転移がんがすぐ再発した場合でも、期間をあけずにガンマナイフによる治療はできるのでしょうか。また、脳のあちこちに腫瘍ができた場合もガンマナイフ治療が望ましいのでしょうか。(香川県 女性 61歳)A 期間をあけ...

詳細はこちら

肺がんの病理診断は、手術中に行うのが一般的なのか

2009年7月

71歳の父のことで相談です。CT(コンピュータ断層撮影装置)などで、左の肺葉に2センチほどのがんが見つかりました。近くの総合病院で、開胸手術をする予定です。肺がんの病理診断は、手術中に行うのが一般的なのでしょうか。手術中に、手術の範囲が変わることはあるのでしょうか。(福井県 女性 43歳)A 腫瘍が2センチ以内などの場合、診断と治療を兼ねた手術を行う肺葉の腫瘍が2センチ以内と小さく、一部すりガラス...

詳細はこちら

6ヵ月後にCTと言われたが、放っておいて大丈夫か

2009年5月

90歳と6カ月の父のことで相談です。酒量が増え、肝臓を心配して、08年10月に、検査入院をしてもらいました。そのとき、医師から肺に腫瘍があると言われたそうです。大きさは1センチくらいで、良性、悪性などどういう腫瘍かは確認していませんが、6カ月後にCT(コンピューター断層撮影装置)をとると言われました。良性か悪性かがわかっていない段階で放っておいてよいものなのでしょうか。また、治療は年齢も年齢なので...

詳細はこちら

開胸手術とラジオ波治療の、どちらがよいのか迷っている

2009年5月

67歳の父のことで相談です。右肺上葉に1.5センチほどのがんが見つかりました。転移はないようです。開胸手術を検討していますが、ラジオ波治療もあると聞きました。ラジオ波治療は、体への負担が少ないようですが、開胸手術と比べて、治療成績はどの程度なのでしょうか。開胸手術とラジオ波治療のどちらがよいのか迷っています。(青森県 女性 37歳)A 手術が第1選択。手術を受けたくない場合は定位放射線療法をがんの...

詳細はこちら

喫煙者の場合、手術リスクが高くなるというのは本当か

2009年5月

62歳の夫が最近、肺がんと言われました。愛煙家で長年、たばこを吸い続けてきました。喫煙が、肺がんの原因になったようです。開胸手術を予定していますが喫煙者の場合、手術のリスクが高くなると聞きました。化学療法も効きにくくなると言われましたが本当でしょうか。手術のリスクを低くする方法、化学療法を効きやすくする方法があったら教えてください。(茨城県 女性 60歳)A 手術リスクを減らすには禁煙が最も大切。...

詳細はこちら

手術後の胸の痛みを解消したい

2008年12月

肺がんと診断され、今年の7月に、右肺の中葉を切除する手術を受けました。手術は成功し、経過は順調ですが、手術を受けたあたりがときどき、チクチク、ズキズキ痛みます。医師からは肋間神経痛と言われ、消炎鎮痛剤を処方してもらいましたが、あまり効きません。痛みを解消するよい方法はないでしょうか。(三重県 男性 64歳)A リハビリを積極的に。神経ブロックなどで一時的に和らぐことも痛みに関わる神経の周辺に局所麻...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!