1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 肺がん > 
  4. 肺がん

がん相談

肺がん

中葉切除術後の痛みへの対処は?

2014年1月

2週間前に75歳の父が肺がんの中葉切除術を受けました。リンパ節切除もしましたが転移はなく、ステージⅠaでした。術後の調子も良好でしたが、退院後は右肺周りが痛むといい、毎日床についていて心配です。(52歳 女性 宮城県)A 鎮痛薬で対処し 運動で筋力をつける横浜市立大学附属市民総合医療センター 呼吸器センター外科・化学療法部准教授の坪井正博さん術後の痛みの原因は、肋骨と肋骨の間を走る「肋間神経」に与...

詳細はこちら

脳転移したがイレッサを続けたい

2013年10月

肺がんと診断され、化学療法と放射線治療を受けてきました。放射線治療が終わり、*イレッサを3年ほど服用してきました。このほど、脳に転移したことを告げられました。脳に転移したがんには放射線治療をして、イレッサはそのまま継続ということはできますか?放射線治療は1度終えても、再度受けることが可能ですか?(東京都 男性 73歳)A 患者さんの同意でイレッサ継続可能横浜市立市民病院呼吸器内科・腫瘍内科部長兼科...

詳細はこちら

腫瘍圧迫による声帯の麻痺は?

2013年10月

去年の夏にCTで肺がんが発見されました。*カルボプラチン、*アリムタ、*アバスチンなどの投与を受けてきました。治療開始3カ月くらいで声が出なくなり、気管に物が入り、むせるようになりました。がんで左声帯神経が圧迫されて麻痺したことが原因とされ、左声帯の手術を受けました。声帯神経の麻痺は回復の可能性はありますか?がんは小さくなって、転移はないと言われていますが、抗がん薬治療はこのままでいいですか?(大...

詳細はこちら

放射線化学療法による倦怠感がつらい

2013年9月

肺がんで化学療法と放射線治療を併用で行っています。放射線治療は毎日通院しており、家に帰ってくるとぐったりしてしまいます。家では何もできないような状態になってしまい、毎日通院するので精一杯です。倦怠感を取り除く方法はないのでしょうか。(佐賀県 女性 54歳)A ステロイドの使用や軽い運動で緩和を倦怠感は化学療法の影響もあるかもしれませんね。倦怠感はとてもつらい症状です。しかし他の原因としては、貧血や...

詳細はこちら

肺がんが脳転移。ガンマナイフ治療はどうか

2012年9月

肺がんの治療を終えて、3年が経ちました。最近の検査で、幸い肺には再発がなかったのですが、脳に4つの小さな転移が見つかりました。放射線治療が必要とのことです。インターネットで調べてみたところ、ガンマナイフ治療というものがあると知りました。具体的には、どのような治療なのでしょうか。治療の仕方、入院期間、副作用など、通常の放射線による全脳照射と比較して治療効果にどのような違いがあるのでしょうか。メリット...

詳細はこちら

CTで2ミリの影。経過観察だけで大丈夫か?

2012年1月

3年前に肺がんの3a期で右肺下葉を切除し、その後、抗がん剤治療を受けました。先月、CT検査で2ミリほどの影が見つかりましたが、「半年後の検査で様子を見ましょう」と言われています。時間が経っても大丈夫なのでしょうか。血液検査の結果は問題ないそうです。(石川県 男性 65歳)A すりガラス状の2ミリの影なら、半年後に検査をCT画像で影が見えた場合には、①細菌などによる炎症によるもの、②炎症の痕(肉芽腫...

詳細はこちら

手術後、息切れする。呼吸が楽になる訓練法は?

2011年3月

父(75歳)は、5年前に肺がんで右上葉の手術を受けました。がんがわかってからは、それまで吸っていたたばこも一切やめ、生活も改善し、順調な経過をたどっていたのですが、最近になって階段や坂道などで息切れを起こすようになりました。病院にいったところ、再発ではないと言われてほっとしています。ただ、呼吸が苦しくなるということで父はあまり外に出たがらず、家族としては心配です。病院では、安静時の血液中の酸素の低...

詳細はこちら

肺がんの骨転移に有効な治療法は?

2010年12月

75歳の父のことでご相談します。降圧剤と抗血小板剤を服用しています。05年に早期前立腺がんの手術を受け、がんは取り切れました。06年には原発の肺がんで1B期と診断され、右下葉を切除しました。以後、年1回のPET*、半年ごとに肺のCT検査を続け、再発はありませんでした。しかし、今年9月に腰痛を訴え、MRI検査をしたところ、仙椎*の背側に直径1センチの腫瘍が見つかりました。骨シンチ検査*、PETではそ...

詳細はこちら

早期がん、手術と放射線治療どちらがよいか

2010年7月

夫(50歳)の右肺の上葉に早期の肺がんが見つかりました。がんの大きさは2.5センチで、画像診断では、リンパ節への転移はないようです。夫はトラック運転手で、力仕事も少なくありません。主治医には手術を勧められていますが、本人はがんを治したいことに加え、仕事も続けたいという希望を持っています。手術を受けると、体への負担が大きいように感じます。聞くところによると、放射線を使った治療はそれほど負担がないよう...

詳細はこちら

赤身の肉などを避け、野菜中心の食事にすべきか

2010年7月

肺がん患者です。がんがわかったときにはすでに4期で、頭部にも転移していました。頭部はサイバーナイフの治療を受け、全身治療としてはイレッサ(一般名ゲフィチニブ)を服用し、現在は幸い小康状態です。質問は食べるものなどについてです。がん患者は塩分、レッドミート(牛、羊などの肉)、酒などをとるのはやめて、野菜を中心に食べるべきだとする本が出ていますが、そのとおりにすべきでしょうか。(秋田県 女性 74歳)...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!