• rate
  • rate

「化学放射線治療」は、胃がんにも有効だった! 手術不能の転移がんでも完全消失10%、生存期間18カ月、副作用も穏やか

監修●才川義朗 慶応義塾大学付属病院外科助手
取材・文●常蔭純一
発行:2006年11月
更新:2019年8月

  
才川義朗さん
慶応義塾大学病院外科医師の
才川義朗さん

胃がんに放射線は効かない、下手すると孔が空いてとんでもないことになる。というのが、これまでの医療界の常識だった。5年前に、欧米の臨床試験で放射線と抗がん剤の同時併用療法が「胃がんに効果あり」と発表されたときも、日本の医師たちはみな懐疑的だった。しかし、ここへきてようやく、日本でも「効果あり」とのデータが出始めてきた。

胃がんに化学放射線治療を導入

写真

「胃がんには放射線は効かない」と言われてきたが……

胃がん治療というと、誰もが思い浮かべるのが手術による外科治療だろう。じっさい胃がんに対しては抗がん剤も効きにくく、放射線治療にいたっては、ただ危険なだけと治療そのものが否定的に捉えられている。

しかしこの数年で、そうした固定的ながん治療の捉え方に風穴をあけるような動きが見られ始めている。ごく少数の病院で、限られた症状の患者に対してだが、胃がん治療にも他の臓器のがんと同じように、放射線と抗がん剤を併用する化学放射線治療を導入され始めているのだ。

そのひとつ、慶応大学病院では4年前から、病態がステージ4以上(一部ステージ3Bを含む)で手術不能と判断される胃がん患者を対象に同じ治療が行われている。腹腔鏡手術でも有名な同外科教授の北島政樹さん指導のもとでの新しい治療だ。

「当時、食道に転移のあるステージ4の胃がん患者さんが来院された。もちろん手術は不能。そこで久保田哲朗教授の判断で、かねてから研究を進めていた化学放射線治療で治療を行ったところ、その患者さんのがんは見事に消失しました。その結果をふまえて、手術が適用されないステージ4の胃がん患者さんに限って、化学放射線治療による新たな治療を行っているのです。もっともひとことでステージ4といっても、じっさいの病態はさまざまです。化学放射線治療はやはり治療を受ける患者さんにもある程度の体力が必要です。そこで対象は初診から3カ月間は元気な状態が続くと予想される人に限らせてもらっています。パフォーマンス・ステータスでいうと0、もしくは1のレベルにある人ですね」

こう語るのは同病院外科学教室の医師、才川義朗さんである。

ステージ4で完全寛解率が10%に

[慶応大学病院での化学放射線治療の効果]
図:慶応大学病院での化学放射線治療の効果

それから4年余り――。

現在にいたるまでの間に慶応大学病院で化学放射線治療を受けた胃がん患者は約40名に上っている。治療成績は従来の抗がん剤の単独治療によるそれをはるかに上回っており、現時点でのがんの完全消失率は10パーセントにも達している。同じく現時点での平均生存期間は18カ月。なかにはすでに4年以上、命を生き延びている患者もいるという。また、この治療は1カ月間の入院治療を原則としているが、これまでのケースでは1人の例外もなく、容態が改善に向かい退院を果たしているとも才川さんはいう。

[術後の化学放射線治療の効果]
図:生存率

マクドナルド医師らが行った胃がんの術後化学放射線治療の効果を確かめた比較試験の結果。生存期間の中央値、生存率のどちらも化学放射線治療のほうが優れていた

図:無発生存率

再発までの生存期間も化学放射線治療のほうが長かった

もっとも欧米では胃がんに対する化学放射線治療の可能性は、ずっと以前から注目されていた。たとえば01年5月に米国医学誌に発表されたマクドナルド医師らの臨床研究では、ステージ1B~ステージ4の胃がん患者556人を対象に根治手術後に化学放射線治療を施したグループ(281人)と、根治手術を単独で行った人たち(275人)の生存期間中央値、5年生存率を比較しているが、それぞれ35カ月と27カ月、50パーセントと41パーセントと明確な差異が生じていることが明らかになっている。慶応大学病院での取り組みはこうした胃がんに対する化学放射線治療の効果を裏づけるものといえるだろう。

「2000年にTS-1という抗がん剤が登場してから、胃がんに対する化学療法の効果は飛躍的に向上しました。そこに放射線治療の効果があいまった結果でしょう。欧米では、ステージ2、3の胃がん患者を対象にした化学放射線治療による治療で、CR(完全寛解)率が30パーセントに達したと報告されていますが、私たちの治療実績もまったく遜色のないものと自負しています。食道がんと同じように胃がんにも放射線治療はきわめて有効に作用するのです」

もっとも予後の良し悪しは転移の仕方によってかなり違っているのも事実だ。肝転移やリンパ節転移の場合はいい結果が出ることも少なくないが、腹膜全体にがん細胞がばら撒かれる腹膜播腫の場合には、他の治療法を行った場合と同じようにやはり予後も困難になるという。残念ながら現段階では、このタイプの転移でがんが消失した人は皆無だとも才川さんはいう。しかし、この場合でもステージ4からステージ2へと病態がダウンステージングしているケースもあるという。このことはがんと共存して生きることを考えている患者にとっては、心強い知らせではないだろうか。

[フェーズ2臨床研究21人の途中結果(現在28人登録済)]

  • 評価可能病変を有する症例20例
    • CR0例、PR14例、NC5例、PD1例
    • 奏効率70%
  • 手術切除症例8例(8/21=38.1%)
    • 根治切除8例(100%、38.1%)
    • 病理組織評価
    •  グレード3  3例
    •  グレード2  3例
    •  グレード1a 2例 奏効例は6例(6/20=30%)
  • 中間生存日数 18カ月延長中
  • (治療後生存期間6カ月~28カ月)


同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!