編集部の本棚 2020/3Q

文●「がんサポート」編集部
発行:2020年7月
更新:2020年7月

  

がん患者さんのための国がん東病院レシピ2
千歳はるか/清水亮吾/林 賢悟著 法研 1,800円(税別)

国立がん研究センター東病院では、がん患者さんやそのご家族向けに2008年9月より「柏の葉料理教室」を開設して、在宅で治療を行うがん患者さんの食のサポートを行っている。

患者さんにとって、がん治療を乗り切るには、いかに上手に食事を摂って、体力の維持をはかるかがとても大切になる。しかし、そうわかってはいても、実際には抗がん薬の副作用や、消化器系の手術の後など、さまざまな原因で上手に食事が摂れないで悩んでいる患者さんやご家族の方は多い。

本書は、2013年9月に発売された「柏の葉料理教室」レシピの第2弾になる。内容は前回同様、がん治療での副作用、症状・体調別のレシピを、「食欲不振、吐き気・嘔吐、味覚変化、口内炎・食道炎、下痢・便秘、貧血、消化器術後」の7つに分類して紹介している。

単にレシピの紹介だけにとどまらず、どうしてそのような症状がおこるのかなどの解説もされているので、理解してコツをつかめば、自分流にアレンジもできるだろう。オールカラーで、作り方も簡単なところもいい。がん治療の副作用などで食事が摂れないと悩んでいる方に、本書を活用して、治療を乗り切って欲しい(松)。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!