MALTリンパ腫。化学療法の選択肢はないか

回答者●塚田信弘
日本赤十字社医療センター血液内科副部長
発行:2021年10月
更新:2021年10月

  

2020年8月、眼窩MALT型血液腫瘍(眼球上部厚さ10~15㎜)と診断され、リツキサンを4回投与されましたが、腫瘍は1~2㎜しか縮小せず、2021年9月には逆にやや肥大していることが判明しました。そこでご相談です。リツキサンの副作用はさほどなかったのですが、効果がなかったのは、標的が適合していなかったのでしょうか。現在、放射線治療を検討中ですが、化学療法の選択肢はないのでしょうか。

(81歳 女性 大阪府)

放射線治療のほうが好ましい

日本赤十字社医療センター
血液内科副部長の塚田さん

MALTリンパ腫は胃、眼窩(がんか)、肺などのリンパ節以外にみられる稀なタイプの悪性リンパ腫です。全身の化学療法はあまり有効ではないことがあるため、副作用の面からリツキサン(一般名リツキシマブ)単剤が選択されたのだと思います。

化学療法よりは放射線治療のほうが、有効性と副作用のバランスの面で好ましいと思われます。化学療法については、副作用についても担当医からよくお話を聞くのがよいでしょう。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!