T細胞リンパ腫。抗がん薬治療をしなくていいのか

回答者●塚田信弘
日本赤十字社医療センター血液内科副部長
発行:2021年10月
更新:2021年10月

  

頭部にこぶが見つかり総合病院でPET-CT検査を受けたところ、頭部に陰影が確認され、大きめに組織を採取しました。結果、悪性リンパ腫(T細胞リンパ腫)と診断されました。その後、とくに治療はせず、経過観察となり定期的に受診するようにと言われました。抗がん薬治療などはしなくていいのでしょうか。また、経過観察中に注意することはあるのでしょうか。

(72歳 男性 東京都)

こぶが再拡大しないか確認を

日本赤十字社医療センター
血液内科副部長の塚田さん

T細胞リンパ腫の中にもいろいろな病型が含まれます。経過観察となったということは、比較的緩徐に進行するタイプなのか、それとも病変の部位をしっかり摘出することができたのかもしれません。経過観察中に注意すべきことは、最初にみつかった場所のこぶが再拡大しないか、また他の部位に新たなしこりができてこないか、ご自分でできる範囲で確認して下さい。症状に変化がなければ、担当医の指示にしたがって定期的な通院を続けましょう。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!