片腎全摘後、再発。腎機能低下が心配

回答者・亀山周二
NTT東日本関東病院副院長・泌尿器科部長
発行:2013年8月
更新:2015年2月

  

4年前に、腎がんになり、片方の腎臓を全摘しました。今年になって、もう片方の腎臓に転移がんがあることがわかりました。ただ、とても小さくがんの部分だけを手術で切除するとのことです。腎臓が片方ないうえに、もう片方も切除して、今後の腎臓の機能の低下がとても心配です。人工透析になることは避けたいと思っています。今後、腎臓を労わりながら生活していきたいのですが、どのようなことに気をつけたらよいでしょうか。

(新潟県 男性 57歳)

A 部分切除で腎機能を残し、食事療法に努める

まだ57歳とお若いので、今後の腎機能についてのご心配はよく理解できます。

腎臓の働きは半分以下になっていると思われますが、片方の腎臓が頑張ってくれている状態のようです。腎機能を改善させる薬はなく、食事療法が基本となります。

しかし、慢性腎臓病の方でも、食事療法をきちんとされている方は、腎機能障害の進行をかなり防げます。

食事療法では、塩分制限(6g/日以下)、タンパク制限(肉類を食べすぎないよう注意)、水分はやや多めに摂取するなどに今後も心がけてください。

手術は腫瘍が小さいうちに受けられることをお勧めいたします。腫瘍の位置が血管に近い中央部ですと、手術がやや難しくなる可能性や腎機能が十分に残せなくなる可能性があります。小腫瘍が1個なら、通常は術後ただちに人工透析になる可能性は少ないように思います。

最近は、手術技術が進歩しています。がんの病巣を除去するだけではなく、できるだけ腎機能を保持する方法も開発されています。

腎部分切除手術を比較的多く手掛けている病院で治療を受けられることをお勧めします。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!