副作用対策の抗生物質は続けたほうがよいか?

回答者・久保田 馨
日本医科大学付属病院がん診療センター長
発行:2016年8月
更新:2016年7月

  

EGFRチロシンキナーゼ阻害薬のジオトリフによる副作用対策として、現在抗生物質(ビブラマイシン)を服用しています。症状が消えた場合も予防として、服用したほうがよいですか?

(女性 東京都)

症状がなければ止めてよい

日本医科大学付属病院がん診療
センター長の久保田 馨さん

副作用については具体的には書かれていませんが、恐らく皮疹の症状が出ているのだと思います。現在抗生物質を服用されているということですが、症状が消えた場合には服用を中止してよいでしょう。ただし、予防として保湿剤は十分につけておいたほうがよいと思います。

保湿剤で予防して、それでも皮疹が起きてしまった場合にはステロイド軟こうなどで治療をすることによって、皮疹はほとんど治まります。ご質問の方の場合、症状が治まった段階で薬の服用を止めて、また皮疹が出てきたら、再度服用を検討するのがよいでしょう。

ジオトリフ=一般名アファチニブ ビブラマイシン=一般名ドキシサイクリン

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!