このままタグリッソを服用したいが

回答者●久保田 馨
日本医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学分野教授/日本医科大学呼吸ケアクリニック
発行:2022年7月
更新:2022年7月

  

肺腺がんステージⅣで、タグリッソを服用しています。腫瘍マーカーはまったく上がっていないのですが、腫瘍が増大しています。主治医は、タグリッソは脳転移を抑制していると言っているので、このままタグリッソを服用したいのですが、他の薬に変えたほうがいいのでしょうか。

(63歳 男性 栃木県)

定期検査を受けつつ、タグリッソの継続を

日本医科大学大学院医学研究科
呼吸器内科学分野教授の久保田さん

タグリッソ(一般名オシメルチニブ)で治療中に腫瘍が増大した場合の治療については、今のところ統一した見解はありません。腫瘍が増大しても自覚症状がとくになければ、タグリッソを継続することも1つの方法です。

その他の方法としては、細胞障害性抗がん薬または抗がん薬と免疫チェックポイント阻害薬との併用などがあります。主治医が言われるように、タグリッソは脳への効果は比較的高いと言われています。日常生活に支障がないのであれば、定期的に検査を受けつつ、タグリッソの服用を継続することをお勧めします。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!