卵巣がんの腫瘍マーカーの数値が気になる。マーカー再発の基準は?

回答者:磯西 成治
東京慈恵会医科大学付属第3病院 産婦人科診療医長
発行:2005年10月
更新:2019年8月

  

卵巣がんになり、腫瘍マーカーの数値に一喜一憂しています。腫瘍マーカーの出方に個人差はあるのでしょうか。また、卵巣がんの「マーカー再発」とはどれくらいの値を基準にしているのでしょうか。

(栃木県 女性 46歳)

A マーカー値は補助的な指標。マーカー再発という言葉は、正式ではない

腫瘍マーカーの値は絶対的なものですから、個人差はありません。ただし、腫瘍マーカーだけでがんを判断できるわけではなく、画像など複数のデータを元にがんであるかどうかを診断します。

また、卵巣がんに有用な腫瘍マーカーであるCA125は、良性の腫瘍である卵巣嚢腫などにも高い数値を示すことがあります。このことからも、腫瘍マーカーだけでがんと診断することができないことがおわかりいただけると思います。

「マーカー再発」という言葉を使っていますが、このような言葉は正式には存在しません。再発の診断は、症状、視診、触診、画像診断、マーカー値の変動から推察し、可能なら生検、病理診断を得てはじめて確定しうるのであり、マーカー値の変化は補助診断の一部に過ぎません。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!